Category Archives: オーストラリア

海外旅行の準備 - ビザ・カスタム等の規制を調べる事の重要性

旅をスムーズに始めるのには空港での入国審査から! 入国前には訪れる国、また、空港乗り継ぎだけの国でもビザの有無を必ず調べ、入国時は、税関申告書には正直に答えましょう。  インターネットが発達し、海外の情報が得やすくなった今日このごろ、旅行手配も旅行会社を通さず簡単に手配できるようになりましたよね。 ただ、個人で手配をするという事は全て自分に責任が掛かってくる事もお忘れなく! 日本人はビザの必要でない国が多いとは言え、ビザが必要かどうか調べる癖をつけましょう。 例えば、アメリカには ESTA (Electronic System for Travel Authorization – 電子渡航認証) が必用で、空港乗り継ぎで通りすぎるだけでも必用です。 オンラインで簡単に習得できますので、いざとなれば、空港によって(カナダの主な空港はアメリカの入国審査はカナダで行います)取得が可能ですが、支払いはクレジットカードのみです。 得に若い方はクレジットカードを持たない、また制限が多いクレジットカードのみ所持している場合があり、支払いができず入国拒否されたケースもあります。 オンラインで安い航空券や、パッケージを購入しても無駄にする事になり、結局高額な買い物になります。 それ以外に入国に必用な書類、そして忘れがちなのが、関税、カスタムを調べる事。 得にオーストラリア、ニュージーランドは持ち込みの品に関しては厳しいです。 税関申告書にの食べ物を持ってますか? の質問欄には All Food と記載されてます。 お煎餅であっても ”ハイ Yes  ”に印をつけましょう。 物によっては持ち込み大丈夫な物もあります。 ニュージーランドのショーでは川魚は不可だが、海魚は大丈夫だったりと同じ生物でも条件は異なってきます。 正直に Yes にしておけば持ち込みできる場合もあります。 持ち込み可能な商品でも No としたために罰金 (下記ショーによればオーストラリアは$220~。 カナダは$250~のよう) を科され、これまた、高額な買い物になります。 持ち込み可能かどうかは複雑なので、何が良くて何が悪いのか、自分で判断しない事です。 まず、無理なのはもちろん生物。 野菜や果物、お肉、加工したお肉。インスタントヌードルのスープがビーフベースも不可です。 スパイスやナッツも要注意。 ミルク製品で作ったお菓子も要注意です。 カナダは量によっては乳製品のチーズが大丈夫だったりしますし、アメリカの場合は果物でも種類やどこで育ったかによっては大丈夫であったりして、国によって異なりますし、複雑なので、どうしてもお土産や留学していて日本の味が恋しくなって欲しい物があれば、事前に領事館や留学中であればその国の税関(カスタム)に問い合わせてみてください。 念のため書類で記録を取っておき、用紙やEメールで回答があればメールの返事を印刷して旅行に持っていくと安心です。 私がオーストラリアに行った時はメープルクッキーやメープルバター等食べ物はリストにして見せたら簡単に通れました。 グラノーラーバーだからと記載していなかった人は厳しく罰せられてました。 番組では、機内食で出された果物やスナックを持っていたために罰せられてました。 お土産で変わった物、玩具でも武器関係は没収されてました。 また、入国で怪しまれる行為に、数日前にチケットを購入したり、短期間のうちに何度も訪れる、もしくは滞在が短すぎると尋問にあう確率が高くなります。 お問合せでも見かけますが、日本の方はお休みが短く、オーストラリアに2泊3日であったり、アジアでも2カ国を2泊3日、それぞれの街に1泊のみと言った、超ハードコースの日程を求める方がみえます。 日本人であればお休みが短い認識があるので、少しでも沢山見たいと言うお気持ちは分かりますが、海外では疑問に思われます。 予めツアーやホテルを手配したり、滞在をカバーするだけの所持金を持っていること、 何を見たいのか、何をするのかをはっきりしておくと、疑問が解決され入国させてもらえます。 また、どの国でも同じですが、長い滞在も働く目的でないのか思われます。 同じように長い滞在をカバーするだけの所持金の照明、また、その国から出る航空券は必要です。 そして、荷造りも重要です。 荷造りは必ず自分で行い、何が入っているのか把握しておく事。 また、お友達と旅行する際は必ず荷物のタグ名がご自身である事を確認する事も必要です。 無税で持ち込める金額、商品の制限も確認し、人から頼まれる物を持ち込むのも極力避ける事。 怪しくない物であっても金額は確認して、合計で上限が超えないようにしましょう。 ショーでバックパッカーのヨーロッパの女性が調べられ、麻薬を触った手で誰かに鞄を触られたためにか、麻薬探知機の装置がなってしまい尋問となってました。 ホステルで宿泊の際は鍵をかけ、また、出発前に必ず再度荷物を確認し、誰かに怪しい物を入れられないようにしましょう。 クラブに出かける人も要注意。 靴や服に麻薬がつく場合があり、探知機がなる場合があります。 電話やコンピューターもあまり人に貸したため、麻薬反応してしまった様子がショーで見られます。 新しい番組ではないですが、ボーダーセキュリティー(ニュージーランドはパトロール)の番組は参考になります。 YouTube で何件かエピソードが見られます。 Border Security (カナダ) Border Security (オーストラリア) オーストラリアカスタム Declare it! オーストラリア 入国時の申告に必用な情報 カナダカスタム カナダカスタムでよく聞かれる項目

Posted in オーストラリア, カナダ, ビザ・国境, 旅の準備, 旅行手配チップ, 関税 | Tagged , , , , , | Comments Off on 海外旅行の準備 - ビザ・カスタム等の規制を調べる事の重要性

ワイルドなオーストラリアの大自然満喫の旅、ダーウィンからブルーム

オーストラリアのワイルドな大自然を楽しむならここ! ノーザンテリトリーのダーウィンから西オーストラリアのビーチの美しいブルームまで奇怪な山、バングル・バングルから美しい、山と川の数々の渓谷、バオバオの木が立ち並ぶ荒野を抜け、さらに大自然のを感じる満天の星空の中でのキャンプツアー。 大人気のアドベンチャーツアー・オーストラリア、9 Days 4WD Darwin to Broome Safari が、通常なら1845オーストラリアドルの所、5月12日出発に限り、多国籍ツアー専門店でご予約すると、1710カナダドル! 今日、2月3日のこのサイト( ex) のレートによれば、通常約15万600円が13万500円と2万円もお得! ゴールデンウィーク明けで航空券も取りやすい! 是非この機会をお見逃しなく! アドベンチャーツアーオーストラリア、ダーウィンからブルーム、ツアー日程 DAY1 ダーウィンを出発後、エディスフォールスでスイミングを楽しんだり、キャサリン渓谷を見学した後ビクトリアリバーの大自然の中でキャンプ。(昼、夕食) DAY2 オーストラリア最大の人造湖アーガイル湖、オードリバーダム周辺を散策し、カナナラへ。キャンプ場泊。(朝、昼、夕食) DAY3 カナナラから4WDでしか入れない道路を通って世界遺産パーヌルル国立公園、バングル・バングルへ。 大自然の中でのブッシュキャンプ。 ここでの夕日は最高!(朝、昼、夕食) DAY4 不思議な岩の配列に圧倒されるバングル・バングルを1日かけてゆっくりと探検します。 オプショナルツアーでヘリコプターに乗り空からもバングル・バングルを見れます。 ブッシュキャンプ。(朝、昼、夕食) DAY5 バングル・バングルを出発、ドゥラックレンジやターキークリークを抜けてエルクエストロ。 キャンプ (朝、昼、夕食) DAY6 朝早くに起きて、美しいコーバーン山脈にハイキング。 エマ・ゴージの滝壺で水泳を楽しみ、ペンテコースト・リバーをこえて、ギブリバーロードまで。 キャンプ。(朝、昼、夕食) DAY7 キンバリーを水泳、ハイキングで多いに楽しみます。 経験豊富なガイドが一番行きやすい所を道案内。 大変美しいマニング渓谷や場ネット渓谷を探索。 この日はマニング渓谷でキャンプ (朝、昼、夕食) Day 8 ガルビンズ、もしくはアドコック渓谷を探索して、淡水ワニの居る事で有名なウインジャナ渓谷へ。 キャンプ(朝、昼、夕食) Day 9 地下750mのトンネルがある、トンネルクリーク等よりながら、ビーチからの夕日に間に合うようにブルームへ。 (朝、昼食) お問い合わせはこちらから!

Posted in アドベンチャーツアーオーストラリア, イントレピッド, オーストラリア, セール | Tagged , , , , , | Comments Off on ワイルドなオーストラリアの大自然満喫の旅、ダーウィンからブルーム

ご要望に答え!大阪にて、NHK南米一周旅行で有名なクムカを初め多国籍ツアー無料説明会!!

NHKの番組で紹介されたオーバーランドトラックにて南米一周旅行の Kumuka -クムカ、少人数アドベンチャーツアーのG Adventures  ( 元ギャップアドベンチャー) 、北米、若者に人気キャンプツアーのトレックアメリカを始め、その他多くの多国籍ツアーの特徴を説明しながら、各地域の魅力もご紹介。 国際交流の機会や英会話の成果を試す場所を探して見える方、ありきたりのツアー、海外旅行に飽き、少し違った方法での旅をお探しの方、生涯学習や自己啓発のきっかけ、目的を探して見える方、 定年後の時間を今まで出来なかった事に挑戦しようと考えて見える方、必見です!  お正月、冬の学生旅行にも如何ですか? 個人旅行の自由さを失わず、一人参加でも追加料金のないアドベンチャーツアーでは一人参加者も多く、宿泊費を抑え、公共の交通手段では行けない場所へもお値打ちに行けて経済的。 また女性一人旅では不安な地域でも安心して旅行できます。 英語ツアーなので、学んだ英会話を利用して英語でお友達作り。 海外ボランティア体験の出来る、ボランティアツアー、ツアー中にホームステイ体験が含まれていたり、ハイキングはもちろん、ヨーロッパからインド、アフリカ等まである豊富なサイクリングツアー等、多国籍ツアーの旅のスタイルはどう違うのか。 違った角度から海外旅行が楽しめる魅力をご紹介。 日本にはない、ロングスティの旅に、荷物のつめ方やツアー中の身の回りの事、どうしたらいいのか分からない、旅の準備は? ツアー中、より楽しむためには? 多くのツアーをどのように選んだらいいの? な~んて疑問も解決、そして、興味があるけど、英語に自信が・・・ 国際交流に不安が・・・ と思われる方も自信がつく、そんな説明会です。 円高で現地発着の英語ツアーがさらにお得! この機会に多国籍ツアーを試してみませんか? 説明会の後はカジュアルに、懇親会。 多国籍ツアーは、同じような事に興味のある方が集まり旅を楽しむもの。 英語での交流の前に多国籍ツアーに興味のある人で交流しましょう。 懇親会では、近くのカフェに出かけます。 飲み物等はご自身でのご負担になりますのでご了承願います。 説明会は、興味のある説明会だけの参加でもいいですし、全ての説明会もOK!  説明会は無料ですがお席に限りがございますので、こちらの多国籍ツアー説明会の申し込むフォームよりご予約お願いします。 2011年11月5日(土曜日)&6日(日曜日) 多国籍ツアー説明会 会場 : 大阪市中央区徳井町2-2-9 米澤ビル徳井町801号室 Space Produce YUIMA (会場までの詳細はこちら) スケジュール 〔 注目!〕11月5日土曜日、説明会 2&3 はスペシャルゲスト、ギャップアドベンチャーのツアーリーダーによる説明会です。 アドベンチャートラベルスペシャリスト、講演者のご紹介 11月5日 (土曜日) 11月6日(日曜日) 12:15 PM 入場開始 入場開始 12:30pm – 1:30pm 【 説明会 1 】南米・中米・北米 … Continue reading

Posted in アジア, アフリカ, アメリカ, イントレピッド, エクスプローラー, エクソドス, オーストラリア, カナダ, ギャップアドベンチャー, クムカ, トレックアメリカ, ヨーロッパ, 中米, 中近東, 北米, 南米 | Tagged , , , , , , , , , , | Comments Off on ご要望に答え!大阪にて、NHK南米一周旅行で有名なクムカを初め多国籍ツアー無料説明会!!

オーストラリア、海・エアーズロック・カンガルートライアングル

昨日はサウスオーストラリアのトレードショー/セミナーに行って来ました。 オーストラリアからサプライヤーの人達が来て最新の細かい情報が得れ勉強になりました。  サウスオーストラリアはアデレード(Adelaide )のある州で、カンガルー島やオパールの取れるクーパーぺディー ( Coober Pedy )、  火山のクレーターのような地形 フリンダース・レンジ (Flinders Ranges )で有名。 アデレードはイベントの多い街でほぼ毎月音楽や、ワイン&フードフェスティバル、テニス、各種スポーツ競技等行なわれてます。 特に有名なのは、ツール・ド・フランスのように1月に何日かにかけてのサイクリングレース Santos Tour Down Under と、カーレースの Clipsal 500 Adelaide。 アデレードから車で約1時間半ほどの所にはオーストラリア全土でも有名なワイン産地、バロッサ(Barossa ) があります。 カンガルー島はその名の通り、カンガルーがあちこちで飛び回ってます。 カンガルー以外にもオーストラリアのガラパゴス諸島と言われる程、ペンギン、コアラ、ハリネズミやアザラシ、その他各種の動物や鳥達がいます。 大陸では広すぎて見つけづらいのと違って島が小さいので、自然の動物達を見れる機会が多いです。 アフリカのサファリのように、動物の習性や地元に詳しいガイド付きツアーに参加すればさらに確率は倍増。 島にはアデレードから約1時間45分のドライブでフェリー乗り場に着き、そこからフェリーで45分で到着します。 飛行機なら30分です。 アデレードからポートリンカーン(Port Lincoln)は車で約7時間、飛行機で50分程の所にあるエアー半島(Eyre Peninsula)の中心、 マリーンエコロジーに力を入れている地域で、ホエールウォッチングから、面白いですが、カツオ、アザラシやイカと泳ぐ体験も出来ます。 そして何よりもサメの多いオーストラリア、動物園の動物の気分になってカゴの中に入り、ホワイトシャークと対面もできます。 アデレードから車で約5時間北にドライブすると、フリンダース・レンジ (Flinders Ranges )があります。 火山のクレーターのような ウィルピナ・ポンド( Wilpena Pound )は実は山のてっぺんが侵食され、自然にできた巨大な水盤。この大自然の産物は、その壁面500m、80平方kmという巨大さ。フリンダース・レンジの人気スポットです。 空からその壮大さを見る事もできますし、この辺りをハイキングして楽しむ人も見えます。 この頂上辺りにあるWilpena Pound Resort に泊まれば眺めが抜群。 アデレードから車で約9~10時間、飛行機で2時間の所にクーパーぺディー( Coober Pedy)はあります。 ここでは、暑さから逃れるために多くの人が地下に住んでいます。 (カナダでは寒さから逃れるためにトロント等寒い街はビルを地下道で結んでショッピング街にしてます。) 地元の人の気分になって、Desert Cave Underground Hotel で穴を掘って作られたお部屋に泊まってみてはどうでしょうか? もちろん、地下なので窓はありません。 電気を消すと、真っ暗になるそうです。 暗闇や閉所恐怖症の人には、地上に面したお部屋もあります。 Great Southern Raiが通るので、エアーズロックからアデレードの列車の旅の途中に立ち寄る人も多いです。 … Continue reading

Posted in イントレピッド, オーストラリア | Tagged , | Comments Off on オーストラリア、海・エアーズロック・カンガルートライアングル

恐竜、デビル、オーストラリアの変わった動物達

オーストラリアには襟巻きトカゲを初め大変変わった動物が居ますよね。 そして、タスマニアデビルなんて、デビルと名の付く動物や、毒蛇、アリゲーターと、凶暴で甘く見れない動物まで。 オーストラリアに行ったら少しでも多く、そんな変わった動物を出来れば自然の中で、せめて、動物園で見てみましょう! シドニーにも動物園がありますが、私は、ゴールドコースト、サーファーズパラダイスから18キロ南、自然に囲まれジャングルの中にある カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー (Currumbin Wildlife Sanctuary) で色々動物を見ました。 もちろん、コアラに触ってみたくて、有料ですがコアラと写真撮影をして抱っこしました。 とても、ふんわりとした毛です。 そして、カンガルーが一杯いる囲いには無料で入れ、カンガルーをなでたり、写真を撮影が出来ます。 カンガルーもコアラと同じように毛がとてもソフトでびっくり。 その他に鳥の芸も見もの。 シドニーから列車で2時間程の所にあるニューキャッスルから友達の車でゴールドコーストまで行ったのですが、カンガルーは郊外で自然にあちこちで飛んでます。 アフリカでキリンを見たように感動しました。 田舎で木の多い住宅街でも見ました。 残念な事に、初めは車に引かれて道に横だわってるカンガルーの方を多く見ましたが・・・ 友達は朝早く仕事に行く時に多く見るようで時間帯にもより、昼間はあまり見れないようです。 道にはカンガルー要注意やコアラ要注意の看板があるので、自然のコアラが見れるのを期待して、ユーカリの木を見たら一生懸命探したのですがコアラは自然で見るのは難しいようです。 鈴なりコアラ カンガルービーチのカンガルー オーストラリア、アウトバック、砂漠に住む動物には変わった動物が一杯。 2メートルにもなるパレンティー Perentie 一番大きなレッドカンガルー Red Kangaroo 数が減ってきているミミナガバンティクート Bilby ラクダ (オーストラリア特有の動物ではないですが、今では砂漠のあちこちにいます) ディンゴ Desert Dingo (シバ犬のようなディンゴも3500年程前に他の国から連れてこられた動物) アゴヒゲトカゲ Pagona (Bearded Dragon) アリのみ食べる小型恐竜のような、モロクトカゲ Thorny Devil その他にもオーストラリアと言えば、アリゲーター 肉食の有袋類、タスメニアに住む、タスマニアデビル Tasmanian Devil ウォンバット Wombat オーストラリアだけには限られませんが、海では ジンベエザメ Whale Shark その他、グレートバリアリーフ辺りではこのようなお魚にも会えます。 オーストラリアに住む写真家、Gary Brennandの海の中の写真は抜群!

Posted in オーストラリア, ビデオ/写真 | Tagged , | Comments Off on 恐竜、デビル、オーストラリアの変わった動物達