Category Archives: お土産・ショッピング

保湿しながら鼻の黒ずみも奇麗に洗うアフリカンブラックソープ 

西アフリカで利用されるブラックソープはディープクレンジグをしながらも保湿力があり、見た目は良くないですが効果抜群でお勧めです。また、多くのソープは西アフリカの経済を助けるフェアートレード。 小さな事ですが、人助けに役立っているかと思うと、お肌も心も気持ちよくなります! アフリカン・ブラックソープはビタミンEが豊富でニキビや湿疹、自然汚染による細胞ダメージに良いと言われるパームオイル、保湿が高く火傷、傷、フケやストレッチマーク、シワに良いと言われるシアーバター、バクテリアや菌を破壊するのに役立つヤシの実の皮のオイル、保湿力の高いココアバター、そして、プランテーンの皮を日干しした後、釜で焼いた灰が含まれる石鹸です。 洗いあがりは突っ張らず、しっとり。お肌がすべすべになり、鼻の頭の毛穴の黒ずみもなくなります。 初めのうちは少しヒリヒリと感じる方もみえるかもしれません。 まずは、1日おきで、回数を少なめに利用して試してみてください。 水に弱く溶けやすいので、水道の流水の下で石鹸を濡らさない事。 綿や絹等ナチュラル素材のハンドタオル(ハンカチタオル)を濡らし、その中で数回石鹸を転がします。そして、タオルに水をもう少し足し泡立て、タオルで殆どタオルを感じない程度に優しく顔を撫でて洗ってみてください。 敏感肌の方は、手のひらのみ利用。 少し手のひらを水で濡らし、石鹸を手のひらの上で転がします。 そして、手のひらで水を汲むようにして水を少し足してこすり合せ泡立てます。 優しい弾力のある泡になったら泡で顔を洗いましょう。 加工されたようなスムーズな表面の石鹸もありますが、見た目の悪いような、お菓子のような Raw Soap 生の石鹸 が一番。 西アフリカにはなかなか行けませんが、オンラインや西洋のフェアートレード店で扱ってる場合があります。 カナダのバンクーバーではスカイトレインのスタディアム・チャイナタウン駅近くのInternational Village Mall 内のお店で購入できます。 スターバックスのある入り口からモールに入ってすぐの左手に見える通路に入ります。 左手にセブリンイレブンが見えたら、その右手にこのお店、Touch of Africa  があります。 フレンドリーなオーナーと西アフリカの事を聞きながら、ショッピング楽しんでみてください。 値段も手ごろ Raw Soap は $4.99。 それ以外にもシェアバターのクリームやアフリカの置物、服も一杯。 カナダ産地ではないですが、オーガニック、フェアートレード、自然好きな人が多いバンクーバーらしさの現れかと思います。 質も抜群、お土産にお勧めです!      

Posted in アフリカ, お土産・ショッピング, カナダ, スキンケアー・健康, バンクーバー | Tagged , , , , , , | Comments Off on 保湿しながら鼻の黒ずみも奇麗に洗うアフリカンブラックソープ 

バンクーバーからお勧め日帰り旅行 - アメリカ・ベリンハム (Bellingham)

バンクーバーからお勧めの日帰り旅行をご紹介。 日本の千葉と姉妹都市関係にある、アメリカ西海岸、カナダの国境から車で約40分~1時間程の所にあるベリンハム (Bellingham) は安い航空券があるからとベリンハムの空港利用やショッピングモールに訪れるだけのカナダ人が多いですが、意外と見所やユニークなカフェも多いダウンタウンもお勧めです。 のんびり雰囲気で適度にする事がある丁度良い日帰り旅行先になります。  ベリンハムには車でハイウェイーを使えば40分程。 郊外にあるベリス・フェアーショッピングモール (Bellis Fair Mall)や TRADER JOE’S (トレーダージョーズ) を訪れたり、街の中心ダウンタウンで古い建物を眺めながら、ユニークなお店や電気やラジオのミュージーアムを始め数件ミュージーアムを訪れ、お洒落で美味しいカフェやレストランで休憩。 ダウンタウンから少し南はにはヒストリカルエリアもある。 また、海岸沿いのマリーナや公園、湖や小さな山岳と、近郊で自然を楽しめる所も多く、ベリンハム周辺でじっくり1日楽しむ事も出来れば、1時間程かけて、殆ど交通量がない農道をのんびり走り途中の景色も楽みながら、ベリンハムまで行き、街を楽しんで帰る事もできます。 ベリンハムのみでしたら、グレイハウンドのバスやアムトラックの列車でも訪れる事は可能です。 そして郊外には市バスを利用。 そして、普段サイクリングを楽しむ方であれば、途中の小さい村やビーチに寄ったとして、ルート次第で往復約100キロ、一番直線距離の道で行けば往復約80キロ程で、殆どの所が平なのでロードバイクなら日帰りも可能。  国境 (パスポートと必用書類はお忘れなく!) 国境を越えると、歩いてでも行ける程の所に小さなブレイン(Blaine) という町があり、海を眺めながらお茶や食事が楽しめます。 多くのカフェは朝8時から午後4時までです。 その他はアトラクションはそれ程ないので、週末でしたら、フェリーで対岸の半島の先の Semiahmoo Resort リゾートでスパ、ゴルフ、素敵なレストランで食事を楽しんだり、ビーチをのんびり歩いて過ごす事も可能です。 もしくは、カナダ側のバス停は少し離れますが、この町だけでしたら、公共の交通手段を利用して歩いて国境を渡り、この町に訪れ、カナダのホワイトロックの町とミックスして1日楽しむ事も面白いかと思います。 Little Red Caboose Cafe 町の海辺からの眺め ブレイン(Blaine) の町とベリンハム (Bellingham) の間にある、ファーンデール (Ferndale)。サイクリングで行けば、休憩地点としてでカフェに。  それ程見所はないですが、アメリカらしい雰囲気は味わえます。  ファーンデールにはスターバックスもありますが、コーヒー好きなワシントン州の人達がスターバックスに競うようにチェーン店を広げているコーヒー店があります。 その一つが、ブレインより28キロ程東に行った所にあるリンデン (Lynden) で始めたウッズコーヒー (The Woods Coffee )を試したい所。 ベイカリーはスターバックスより高額ですが、美味しいです。 ブレインからファーンデール、田舎道を遠回りして行けば、のんびりとしたファームランドの雰囲気を楽しみ、大きくて可愛いカウントリーハウスを見ながらドライブ、もしくはサイクリングできます。 この家は可愛いタイプではないですが、トラクターが一杯で農家!って感じです。 ハイウェイの場合はこんな感じ ベリンハム (Bellingham)のダウンタウンから北東の位置にある TRADER JOE’S (トレーダージョーズ) トレーダージョーズの可愛らしいパッケージのお茶や、スナック、エコバックをお土産にどうですか? スナック、ナッツが美味しいです。 スイート&スパイスのクルミを試しましたが、程よい味と香ばしさ。 お茶はココナッツやジンジャーと期待しましたが、お茶としては美味しいですが、記載されているフレイバーとしては匂いも味もなく、残念・・・ でも缶が可愛いのでOKとしましょう! ベリンハム (Bellingham)のダウンタウン 地元のグルメバーガー屋 Fiamma Burger サーモンバーガー 色々な種類のマスタード、マヨネーズ(カレー味もあり!)、ケチャップ 中心から少し離れた所からマリーナの眺め  住宅街のカフェ ベリンハムを背に海岸沿いを走り、カナダに戻ります。 その道中の景色 ジャガイモ畑 トウモロコシ畑 ブレイン近くのバーチベイ (Birch … Continue reading

Posted in アメリカ, お土産・ショッピング, ビザ・国境, 北米 | Tagged , , , , , , , | Comments Off on バンクーバーからお勧め日帰り旅行 - アメリカ・ベリンハム (Bellingham)

バンクーバー空港近くのアウトレットモール 本日オープンで長蛇の列

バンクーバー空港からスカイトレインで2区目のマッカーサーグレン・デザイナーアウトレットモール McArthurGlen Designer Outlet が本日(2015年7月9日)オープンで長蛇の列! 空港までの道も渋滞でパイロットも遅れてしまったとか・・・ ヨーロッパのアウトレットモール、北米最初のオープンはバンクーバー。 2015年の春のオープンが遅れて7月に。 アルマーニ、コーチ、ギャップと高級デザイナーから庶民デザイナーの服、アウトドア系やナイキ、スポーツ系、コスメ、靴や鞄と種類が豊富。 スカイトレインから歩いて5分程で空港から2区目、バンクーバーのダウンタウンからも30分以内と便利。 長い乗り継ぎ時間、街まで出るだけの時間まではなく今まで空港で時間を潰していた人には丁度良い所になりそうです。 オープニングの様子 (写真はYVRより) 1番に入りたい人っているのよね~ セレモニー バンクーバーはスタチューが好き アウトレットモールから飛行機の眺めも楽しめます。 押し合いの列の様子は地元ニュースで → オープンニングの様子ビデオ 常にエンターテイメントも催されるようで、年中楽しめそう。 でも、数ヶ月後、落ち着いてから行こうかな ・・・  

Posted in お土産・ショッピング, カナダ, バンクーバー | Tagged , , , , | Comments Off on バンクーバー空港近くのアウトレットモール 本日オープンで長蛇の列

甘党のアルゼンチン、お勧めカフェとスイーツ

アルゼンチンの食文化と言えば、豚の丸焼き、ステーキと、肉食の国のイメージが強くないですか? その通りではあるのですが、実は南米の伝統スイーツ、ドゥルセ・デ・レチェ (Dulce de Leche) を初めかなりの甘党でチョコレート大国でもあるってご存知でした? ヨーロッパの影響が強く、ブエノスアイレスは南米のパリ。 イタリアからの移民も多いので、パスタやピザ(イタリアの薄い生地ではなく、アメリカ系の生地の厚いピザがお好なよう)レストランも多く、インスタントか、ポットに作りおきしたようなコーヒーになりそうな地元の交通手段のフェリーでもエスプレッソマシーンがあり、本格的なコーヒーを楽しむコーヒー通。 レトロな雰囲気を今も残す昔ながらのカフェも多く残り、カフェ文化も楽しみたい街。 フェリーターミナルでのエスプレッソと街中で購入したスイーツ そして、パタゴニア地域は多くのスイス、ドイツの移民が多く、バリロチェ( Bariloche  ) はアルゼンチンのスイスアルプス。 夏はもちろん美しい自然、山の景色やハイキングを楽しみにパタゴニア地域を訪れる観光ルートの町の一つであり、冬はスキーを楽しみに訪れる人も多い。 チョコレートやチーズフォンドゥが有名で小さな町の中心には数多くのチョコレート屋が並び、それを目当てな人達で賑わいます。 お隣の国、チリやウルグアイも同じようにエスプレッソ、カプチーノを楽しみ、ミルクと砂糖を煮詰めて作る 南米伝統スイーツ、ドゥルセ・デ・レチェ (Dulce de Leche) を利用したお菓子、アルファフォル (Alfajor ) が定番。 そこでお勧めのチョコレート&アルファフォル (Alfajor ) ベスト3をご紹介! 第3位 : ウルグアイのコロニアにある Ganache Cafe & Pasteleria ( Calle Real N0 178, Colonia del Sacramento 43111, Uruguay ) ブエノスアイレスから日帰り旅行(1泊がお勧め)の定番でもあるウルグアイのコロニア(Colonia … Continue reading

Posted in お土産・ショッピング, レシピ・グルメ・レストラン, 南米 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , | Comments Off on 甘党のアルゼンチン、お勧めカフェとスイーツ

メープルシロップ以外のカナダのお勧めお土産とは!?

カナダのお土産と言えば、メープルシロップ、メープルクッキー、メープルチョコレート、メープルティーとメープルばかり。 大きくて重いお土産。 カナダではヘルシー思考のオーガニックやフェアートレードが人気。 そこで、変わったフレーバーのオーガニックティーは軽くて新たなカナダのお土産にお勧め! 最近、お茶専門のお店やカフェが出来る程、カナダではお茶が人気。 緑茶、ウーロン茶、ルイポスティーと、お茶その物の味を楽しむお茶から、それらをベースに色々なフレーバーを混ぜたり、フルーティーなハーブティーを初め、同じようにストレートのその物の味を楽しむお茶から色々ブレンドしたフレーバーティーが豊富です。 そこで、今回クリスマスの時期に販売されていた、カナダ、ケベック州のお茶会社の  Four O’clock のブラックフォ レストカップケーキ味を試してみました。ブラックフォレストとはチョコレートケーキとクリームのレイヤーされたケーキにチェリーがのっている甘いケーキ。 でもお茶はチョ コレート風味ですが、くどいわけではないです。 チョコーレートの匂いからか、満足感があり、飲むとお腹が膨れたような感じがしてダイエットにもいいかも。 オレンジシャーベットと言うハーブティーもなかなか美味しかったです。 お茶のブレンドには想像のつかないフレーバー、もしくは想像すると美味しくなさそうなフレーバーもありますが、今まで試したお茶全て、美味くブレンドされていて、いけます。 オーガニックスーパーの Whole food でも購入できます。 オーガニックのお店にはお茶や、スナック、ジャム等、カナダで作られた商品が多く見かけられるので、のぞいて見て下さい。 それ以外のお勧めのお茶屋さん。 DavidsTEA バンクーバーのダウンタウン中心のパシフィックモールにも入ってます。 匂いをかいたり試飲もできます。 お試しください!          

Posted in お土産・ショッピング | Tagged , , | Comments Off on メープルシロップ以外のカナダのお勧めお土産とは!?

海外旅行のお土産:陽気なアフリカココナッツ・ソング

海外旅行をして自分へのお土産にその土地の音楽のCDや料理本とか購入しませんか? 家にもどってからも雰囲気を味わったり、友達や家族ともシェアー出来るのでいいお土産だと思います。  先日、フィリンピンに行った時、フィリピンと言えば料理にココナッツミルクを利用した食べ物が多いので、ココナッツの実からココナッツウォーターを飲むのを楽しみに行ったのですが、意外とあまりお目にかかりませんでした。 数回、気持ち高めのココナッツウォーターにありつけた時はしっかり楽しみました。 タイやカンボジア、得にカンボジアでは遺跡の休憩所カフェにも多くあり、さらに$1以下! アフリカに行った時に購入した音楽を久しぶりに聞く機会があり、ココナッツソングが・・・ これは、ビデオを作るしかない! と作ってみました。 ちなみにアフリカではココナッツウォーターは見かけませんでした。 時折雪が降ったりするバンクーバーで気持ちが陽気になる音楽に、まったり気分。 アフリカののんびりさと南国のココナッツを楽しんだ思い出に浸ってます。

Posted in アジア, アフリカ, お土産・ショッピング, ビデオ/写真 | Tagged , , | Comments Off on 海外旅行のお土産:陽気なアフリカココナッツ・ソング

青の洞窟だけじゃない! イタリア・カプリ島の楽しみ方とお勧めお土産

まぶしいばかりの白い建物と青い海。 白い岩肌がそそり立つ島の廻りには、洞窟があちこちにあり、その青い海が洞窟の中でも輝く、青の洞窟で有名な神秘的な島、カプリ島。  殆どの教会は天井絵が美しいが、アナカプリには床のタイルの絵が素晴らしい教会もあり、カプリ島にはユニークな美が一杯。  G アドベンチャーでイタリア生活気分のアマルフィー海岸満喫ツアーの感想 第4段は、そんなカプリ島をご紹介。 このツアー中には自由行動のが1日あります。 アグリツーリズモでのんびりする人も居れば、ソレントを初めとした、ツアー中に訪れない別の町を訪れたり、ビーチでのんびりしたり、皆、様々に過ごします。 そして、何と言っても人気の過ごし方はカプリ島。 一般のフェリーを利用する場合、どこから乗るかにもよりますが、フローレからは32ユーロほど掛かります。 そして、船乗り場までの交通費がかかります。 人数が多ければボートをチャーターすると一般ツアーに参加するより安くなるからと、アグリツーリズモに着いた時に、ツアーリーダーが自由行動日の希望とツアー最終日、どこまで送迎が必要か(ナポリ、ローマ、アマルフィー、その他)を聞いて、値段を交渉してくれました。 15名中、11名がカプリ島を希望。 青の洞窟はマフィアの経営で料金を高く設定されているのと、観光客が多いので、青の洞窟は避けて、青の洞窟と同じくらい奇麗な別の洞窟を含め、島一周ツアーとカプリ島上陸で、カプリの中心(島の高い所にあります)の自由行動やビーチタイムの一日で一人、87ユーロとなりました。 (アグリツーリズモから船着場までの往復送迎代込みで。) 朝、起きると普段に比べて風がずいぶん強い日でした。 風が強く、波が荒くなるとボートは出ないそうです。 なんとか、出発頃には風がおさまって出発。 この日はツアーリーダーは朝、車に乗る時のお手伝いと、夜のクッキングデモンストレーションの通訳、そして夕食に参加のみで、貯まった書類の仕事等をして、カプリ島にはボートドライバーのガイドのみとなります。 フローレの麓辺りからチャーターボートに乗り、約1時間程でカプリ島に行きます。  乗り物に弱いので、酔い止めを飲み、酔い止めリストバンドを付け、さらに他の参加者が酔い止めパッチを持っていたので、それも試しに耳の後ろに張ってもらい、ただ、4時間前につけなければならないところ、直前につけたのが間違いだったのか・・・ 結局、かなり酔って吐きつづけました・・・ 本当に他の人に申し訳なかったです。 先に島に着いたら下ろしてもらい、他の人は近くの洞窟を見に行きました。 そして、その後は自由行動でカプリ島上陸。 自由行動後は島を廻る予定でしたが、波が荒く、一旦そちらの方向に進んだら周遊しない限り引き返せないからどうする? と言われ、苦しくても見たい・・・ と思っていたのですが、返事をする前に他の人が、行かなくてもいい、と言ってくれて、結局、青の洞窟と同じほど奇麗と言われる洞窟には行けませんでした。 と、いう事でその写真はございません・・・ ごめんなさ~い! 私達のボートは ピコラ・マリーナ (Marina Piccola )に到着。 通常のフェリーは逆側のグランデ・マリーナ( Marina Grande ) に到着し観光客が多いですが、こちらは小さくて静かなマリーナです。 ここからはバス (1.5ユーロ)、タクシー、もしくは徒歩でカプリ・タウンまで登ります。 クネクネした狭い道を小さなバスは走り、5分も掛からない程で到着。 え? こんだけ? な~んだ、歩けるじゃん。 カプリ・タウンは島の高台にあります。 可愛いお店やレストランが立ち並びます。 中心から、教会、Certosa di San Giacomo、 ピコラ・マリーナのある方向に歩くと T地にぶつかります。 この角にカプリ発祥の香水のお店があります。 外で香水の試供品(紙に匂いをつけて渡す物)を配っていて、道を聞いたのがきっかけで、お店に入ってみました。 可愛いロゴの CARTHUSIA ( カルトゥージア) というお店です。 香水もさ白いカプリのさわやかさを思わせるような匂いが多く、良いお土産になるかと思います。 ツアー中のルームメイトは香水を購入してました。 私は、フッと飾っていあるロゴの絵が描かれたコットンスカーフが目に入り、スカーフが購入出来ないか尋ねた所、プロモーションで、ココナッツの匂いのする日焼け止めとアフターサンローションを購入するとスカーフが付いてくるという事。 日焼け止めとローションはセットで20ユーロ。 日焼け止めも必用だし、20ユーロでスカーフも付いてくるなら購入するしかない! と、満足のいくお買い物。 あまりにも嬉しくて、思わず、お店の中にいた他の日本人観光客の人にも声をかけ教えてあげました。 この日はルームメートと行動を共にして、彼女がアナカプリに行きたいとの事だったので、カプリタウンは時間があれば、という事で後にしてバスにのりアナカプリまで行きました。 アナカプリは人の数が少なく、のんびり楽しめます。そして Chiesa di San Michele (サンミケーレ教会)というとてもユニークな教会もあります。 この地域らしく、陶器絵のような、タイル絵が床に描かれてます。 この有名な絵はアダムとイブのモチーフにしたLeonardo Chiaiese (レオナルド・ キアイエーゼ)の作品。 どの教会も絵は壁画か天井絵。 どれも違い、どれも素敵ですが、床の絵は珍しい。 色使いもカプリ島の白いイメージに優しい感じです。 これは必見です! 階段を登ると全体絵が見れます。 教会の外 アナカプリの様子 … Continue reading

Posted in お勧めツアー, お土産・ショッピング, ギャップアドベンチャー, ツアーの感想, ツアーの様子/お客様の声, ヨーロッパ | Tagged , , , , , , , , , | Comments Off on 青の洞窟だけじゃない! イタリア・カプリ島の楽しみ方とお勧めお土産