Category Archives: 旅行手段

一人参加追加料金なし!カナダの豪華列車ロッキーマウンテニア号の旅

バンクーバーからカナダのロッキー山脈を通る、景色抜群のロッキーマウンテニア号がお一人参加でも追加料金のないキャンペーン中! カナダと言えば、壮大な山の美しいカナディアンロッキーは見逃せない所です。 ロッキーへの行き方は様々。 飛行機でカルガリーに入り、カナディアンロッキーのみを楽しむのも良いですし、バンクーバーから山間が深くなる様子を楽しむのもお勧め。 バスで移動もできますが、列車の方が線路が川に近い所にあったり、景色がより奇麗です。 そこで、360度景色を楽しめるよう、ガラスドームの貨車がある観光列車、ロッキーマウンテニア号が登場しました。 交通手段としてのVIA鉄道では夜も走り、景色を見逃しますが、ロッキーマウンテニア号ですと、夜はホテルに宿泊し、昼間のみ移動して景色を満喫します。 利用ホテルは憧れのバンフスプリングを初め、プランにより、3~5つ星ホテル利用。 (利用ホテルリストはこちら) 快適に豪華に列車の旅を楽しみます。 多くの多国籍グループツアーと違い、お一人様参加ですと、追加料金がかかりますが、カナダの150歳の誕生日を祝い、2017年4~5月の5日以上のパッケージを5月15日までにご予約されますと現在お一人様追加料金がかからない ROCKY MOUNTAINEER Go Solo キャンペーンを行ってます。 普段一人旅の方にもお手ごろに豪華列車の旅を楽しめる絶好の機会です。 春はバンクーバーはサクラやシャクナゲを初めとした花が咲き乱れ奇麗な時です。 是非、バンクーバーからカナディアンロッキーまでお楽しみください。 詳しくはお問合せください!  

Posted in お勧めツアー, カナダ, 北米, 鉄道の旅 | Tagged , , , , | Comments Off on 一人参加追加料金なし!カナダの豪華列車ロッキーマウンテニア号の旅

なぜ、今アフリカサファリに行くべきなのか

サイの角は国によって漢方などで利用されますが、もちろん売買は禁止されているため、闇市で高値で取り引きされ密猟が急増。 クルーガーナショナルパークではヘリコプターも出動してレンジャーの見張りが厳しくなっているためか、最近、フランスやチェコの動物園のサイまで狙われる事に。 年々数を減らすサイは絶滅の危機に。  2015年にGアドベンチャーズのビクトリアの滝からケープタウンまでのツアー Dunes, Deltas & Falls Discovererに参加した時に、南アフリカ出身のツアーリーダーがクルーガーナショナルパークでの被害はひどいもので、ここ数年で野生のサイは見られなくなるのではないだろうかと言ってました。 ナミビアのエトーシャナショナルパークでも危機に面していて、今回見れたのもラッキーだと。 この他にもチーターを初め数を減らしている動物達がいます。 大自然の中でのびのび生きる動物達を少しでも多く見るために、アフリカサファリは出来るだけ早くに行っておきたいところです。   サイを守る為の組織があります。 そういった組織に協力してみるのも良い事かと思います。 Save The Rhino  

Posted in G Adventures, アフリカ, ワイルドライフ, 動物 | Tagged , , , , , , , | Comments Off on なぜ、今アフリカサファリに行くべきなのか

時間のない方の豪華世界一周エアークルーズ

豪華クルーズで有名なクリスタルクルーズがプライベートジェット利用で世界一周のエアークルーズを提供。  ラウンジにベッドとゆったり空の旅。 目的地に付いたら様々な観光や体験ツアー。 そして日程によっては各都市ペニンシュラホテル利用。  世界一周を短時間で豪華にゆったり回れるエアークルーズ。 クルーズは人数が多いので多国籍ツアーのような参加者との密接な交流は体験できませんが、逆にグループ行動をしなければならない、会話に参加しなければ、と言ったプレッシャーなく、気ままに他の旅人と機会があれば話をしたりと交流が図れます。 クルーズでも少人数であれば交流する機会も増えます。 下記ビデオは27日の旅で、 ニューヨーク発着。 ニューヨークからシカゴ、ロサンゼルス、東京、北京、上海、香港、マニラ、バンコク、パリを廻りニューヨークに戻ってきます。 各地ではペニンシュラホテル利用。 Crystal AirCruises & Peninsula 3 minutes from All-Exclusive Crystal Cruises® on Vimeo. それ以外にはテーマのある旅。 有名なハイライトやサファリ体験の旅はニューヨーク発着で東京 ヤンゴン、モルディブ、アグラ、ビクトリアの滝、ケープタウン、ウィーンを廻る世界一周の旅であったり、ワインのテーマやビーチは太平洋や大西洋を廻る日程等あります。 日程は2~3週間程。 その他エアークルーズはこちらご参照ください。 下記はロサンジェルス発着、リマ イースター島、オーストラリア・ウルル、ホーチミン、チベッ・ラサ(カトマンズ)、インド・ジャイプール、モーリシャス、ビクトリアの滝、プラハの29日間の旅 詳しくは多国籍ツアー専門店までお問合せください。

Posted in クルーズ, 変わった旅, 大陸横断・世界一周 | Tagged , , , | Comments Off on 時間のない方の豪華世界一周エアークルーズ

トラブルに巻き込まれない安全海外旅行 ~ 荷物のタグ

未知との遭遇で海外旅行は楽しいけれど、慣れない土地、習慣、時差等でトラブルに巻き込まれる事もあります。 そんなトラブルに巻き込まれない為の海外旅行を安全に楽しむチップ。  詐欺に狙われ、トラブルに巻き込まれる第一要因は、旅行者だから! その土地に慣れてない人って事。 と、いう事は旅行者に見せない事。 空港、街中でよく見かけるのが預け荷物の荷物のタグを付けて歩き回っている人。 如何にも旅行者。 地元の人で帰国したとしても、旅に疲れて注意力散漫になっている事を宣伝している事になります。 そして、帰る時まで付いてる人もいます。 新たに荷物を預け、新しいタグとつけてると、荷物の紛失の原因にもなります。 目的地に到着して、入国審査を済ませ、荷物受け取り旅行者のみのセキュリティーの出口を出たらタグを取りましょう! ただ、念のため自分の鞄が確認される時ようにすぐには捨てず完全に外に出る時か、ホテルで捨てましょう。 タグには出発地から目的地まで記載され、タグによっては名前も記載されてます。 詐欺師に何処から来たのか、名前も公表する事になります。 小さな事から気をつける事でトラブルに巻き込まれない安全海外旅行になります!  

Posted in 海外安全旅行, 豆知識 | Tagged , , | Comments Off on トラブルに巻き込まれない安全海外旅行 ~ 荷物のタグ

変わった旅-ジンバブエでビクトリアの滝・ハイキング・サファリ

憧れのビクトリアの滝以外は観光客が少ないジンバブエでのサファリ、ハイキング、そして遺跡巡り。 観光客、他の車と競い会う事なくサファリを楽しみ、足でアフリカ大陸を感じる。 ちょっと変わったアフリカ体験! 夢のアフリカの旅。 目的は? サファリ (野性のライオン、キリン、象、シマウマ等等、アフリカ大陸でのびのび生活する様子を見る事)、ビクトリアの滝、キリマンジャロ、砂丘、広大な大自然。 そんなハイライトは逃さず、でも、人とは違った所に行きサファリ。 多くのサファリツアー会社の車と競って写真チャンスを狙うことなく、サファリを楽しみ、そして、足でジンバブエの山間を登り、アフリカ大陸を感じる。 そして、アフリカでは印象の少ない、遺跡観光もできるのがジンバブエ。 エクソドス Zimbabwe Walking & Wildlife (Tour Code : TZZ) アクティブツアーだけど、キャンプではなく、汗をかき、疲れた夜は快適なホテルで休息。 詳しくは多国籍ツアー専門店までお問合せください!

Posted in アフリカ, ウォーキングツアー, エクソドス, お勧めツアー, トレッキング, ハイキング, 変わった旅 | Comments Off on 変わった旅-ジンバブエでビクトリアの滝・ハイキング・サファリ

アクティブ派お勧め!アイスランドでオーロラ鑑賞と氷河ハイキング

アイスランドで夜はオーロラ鑑賞、昼間は氷河ハイキング、 氷河や溶岩洞窟探索に壮大な滝、ロード・オブ・ザ・リングを想像させる別世界のような壮大な自然を楽しみませんか? アイスランドの名前らしく寒い印象の光景のみならず、間欠泉に温泉。 温暖な海流のお陰で意外と暖かく、北米のオーロラ鑑賞より楽しめる事が豊富! アイスランドではオーロラは9月から4月頃まで見られます。 冬のアイスランドは場所によっては(得に北部)マイナス30度までなる事もありますが、暖流のお陰で意外と暖かく、準備をしっかりしていけば大丈夫。 それでも寒いのは・・・ という方は12~2月が一番寒い月なので避けましょう。そして、昼間の活動もしっかり楽しまれたい方は日が短い11月後半から2月頭くらいまでは避けた方が良いでしょう。 12月は日の出が11時頃で夕日が午後3時頃、明るいのは4時間程のみ。2月頃から10時頃に日の出で、5時頃に日が沈み、約日中の光は7~8時間。 3月にもなれば朝8時に日の出で夕方6時頃夕日となり、10時間程は日中の行動を楽しめます。 アイスランドでオーロラ鑑賞の特典としては、日が短く、深夜まで待たずにオーロラ鑑賞ができ、シーズンの始まりや終わりではそれ程寒くないです。 そして、国際空港から別のフライトへ乗り継がず、街から遠くに行かなくてもオーロラ鑑賞ができ、昼間は多くのアクティブティーや観光を楽しめます。 北米ではオーロラ鑑賞は僻地に行き、回りに魅力的な観光する場所が少なく、昼間はオプショナルで犬ぞりをしたり、野生の動物を見に行ったり、寒い冬体験をします。 カナダのイエローナイフはオーロラの見れる確率が一番高いと言われる所で、旅の目的がオーロラのみ、そして一箇所に滞在し、広々とした雪景色の荒野で自然の広さを味わい、のんびりされたい方に向いてますが、それでは少し退屈、 昼間は氷河の上をハイキングしたり、洞窟散策。 色々な景色を楽しみたい、と言うアクティブ派にはアイスランドはお勧めです。 オーロラ鑑賞は日本ではずいぶん前から人気で、質の良い日系のオーロラ専門ツアー会社がイエローナイフにありますが、最近は西洋でもオーロラ鑑賞が人気になってきてます。ただ、西洋では他に色々なアクティビィティーや観光、文化が味わえるという事でアイスランドが人気。 アイスランドのツアーは既に昼間のアクティビィティーも含まれているツアーも多く、物価の高いアイスランドでは旅行前から予算が立てられ支払も済ませるのでこの手のツアーが人気です。 そこで多くのアクティビティーや食事も含まれているGアドベンチャーズのツアーがお勧め。 ツアー催行会社 :  G アドベンチャー ツアー名 :Iceland Northern Lights & Golden Circle ツアーハイライト :レイザルエンディ溶岩洞窟 (Leiðarendi Cave)探索、ゴールデンサークル観光、世界遺産・シンクヴェトリル 国立公園 Þingvellir National Park、ガイザー間欠泉Geysir Hot Spring、グトルフォス滝Gullfoss Waterfall、オーロラ鑑賞(2泊)、レイキャダールル Reykjadalurでスノーシューと(もしくは)ハイキング、ソゥルヘイマヨークル氷河 Sólheimajökull Glacier にて氷河の上ハイキング、スコゥガフォス滝 Skógarfoss Waterfallとセリャラントスフォス滝 Seljalndsfoss Waterfall観光を含む南部海岸ドライブ 食事 : 朝食(4)、昼食(3)、夕食(2)(含まれない食事の予算 USD140~185) 宿泊先 : ホテル(2泊)、改装したファームハウス(2泊)(お部屋は2名1室、バスルームは共同) 移動手段 : プライベート車、スノーシュー、徒歩 最高参加人数 : 14名 ツアースタイル : クラシック ツアータイプ : 少人数グループ サービスレベル : スタンダード ツアー料金 : CAD $1699~  【 日程 】 Day 1 : レイキャビク Reykjavík レイキャビク到着日 (夕方のオリエンテーションミーティングまでに到着してください) Day … Continue reading

Posted in G Adventures, G アドベンチャーズ, ウォーキングツアー, エコツーリズム・サステンナブルツーリズム, ギャップアドベンチャー, ハイキング, ベストシーズン, ヨーロッパ, 体験ツアー | Tagged , , , , , , , | Comments Off on アクティブ派お勧め!アイスランドでオーロラ鑑賞と氷河ハイキング

旅行先の地元の人達のそして、自分自身の人生を変える旅

観光業発達でそれぞれの土地の特有さや自然破壊ではなく、それぞれの特徴を生かし、地元の人達の生活、環境に貢献する、そして人々の生活を変える、それが、Gアドベンチャーズの旅のスタイル。  ただ、募金をしてお金を渡す、学校を作る、それでは資金が途絶えたら廃墟になるだけ。 Gアドベンチャーズの組織の一つ、非営利団体のプラネテラ (Planeterra) は地元の人達の英語や観光客との接し方等教育をし、ビジネスの機会を与え、ビジネスの発展の方法を教え自ら継続的に持続出来る事に力を入れてます。 そんなプロジェクトの一つが、インドの女性ドライバープロジェクト。 従来ドライバーは男性ばかり。 女性にとって安心できない場合もあります。 そこで、女性達に運転の仕方や英語を教え、女性の為のドライバーを育成しました。 インドの女性達ももちろん利用しますが、Gアドベンチャーズの空港送迎にも利用されてます。 女性一人旅の参加が多いGアドベンチャーズ。 女性の笑顔で迎えられると安心できますよね。  

Posted in G Adventures, G アドベンチャーズ, エコツーリズム・サステンナブルツーリズム, チャリティー/ ボランティア, ビデオ/写真 | Tagged , , , , | Comments Off on 旅行先の地元の人達のそして、自分自身の人生を変える旅