お勧めタイムスリップな旅 (キューバー)

テクノロジーの発達する中、まるでタイムスリップをして何百年前に戻ったような国を訪れるとほっとしませんか? 時の流れが止まったようで、おとぎ話の世界にもどったような。

ヨーロッパの建物にはそんな雰囲気の多い所が多いですが、同じようにモダンな看板や、車が走っていて、そういう風になる前に早く行っておきたい場所の紹介。 その一押しは

キューバ!!

アメリカの侵入が今か、今かと言われているこの国は得に急ぐ必要あり!

50~70年代の映画の雰囲気たっぷりのハバナ。 特にオールドハバナとその周辺。 クラシックカーが似合うトリニナダの街でサルサを楽しんだり、のんびり、タバコプランテーションのあるビィナレスで丘や山の洞穴探検。

国の規制で外国人が自由に旅行しにくい国なので地元ガイド付きの少人数ツアーでハイライトを廻るのが時間の節約にもなり、ガイドからキューバーの話も聞けお勧め。  私はビィナレスはツーリスト観光バスで移動して民宿(カサ)に泊まりました。 ハバナも同じようにツアーが始まる前はカサに。 地元の人は2部屋までは宿としてツーリストに提供して収入を得られます。 そしてその後はエクソドスのサイクリングツアーで島の半分を廻りました。 見るものがないハイウェイはバスで移動。 初心者向けのサイクリングで距離や坂も適度で超お勧めです。 のんびり景色を楽しみ、地元の人にもご挨拶。 とても気持ちのいい旅でした。

ガイドはチェを尊敬し、野球を愛するキューバ人。 皆の要望に少しでも答えるよう気配りの人でもありました。 地元の人の方がいい料金で仕入れるのでスナックのフルーツやお菓子等、皆から最初少しお金を集め購入。 また、グループを2つに分けて野球で燃え上がったり。 参加者の人はイギリスの人が多く、野球をした事も見た事もなく、ヘッピリ腰ながら皆楽しみました。 メカニックとして付いてきた叔父さんは彼の年齢層でキューバー1のサイクリスト。 坂では苦労してる人を押してあげたり、物足りない人に皆がバスで移動する急坂を二人のために一緒にサイクリングしてあげたりしてました。 皆にとても親切でしたが、私一番気に入られたようで野球で一番に彼のチームに入れられました。 そしてガイドは皆にキューバで必要な数々の身分証明書や娘の写真を見せてくれたりと、地元の人と旅するならではのいい体験でした。

注意事項!

ビーチリゾートのバラデロは本当のキューバーは見れません。 このような体験をされたい人はバラデロだけの旅程は立てないように!!

上ハバナのカサ。初めはここに泊まる予定が、2重予約され、別のカサに紹介されました。

下は紹介された近所のカサのベッドルーム

ビィナレスのカサ。 オーナーと地元料理。

ハバナのオールドタウン

床屋さん

海から山へとカニの移動の時期で道中、怖いくらいいました。

避けるの厳しく・・・ 最低1匹は引きました。 道が死がいの絨毯に・・・

その他の写真。

Cincopa WordPress plugin

( iPod (アイポッド)のタッチスクリーンの要領で、マウスでカーソルを写真の上に当て少し引きずり放してみて下さい。 右下の矢印をクリックして画面をフルスク リーンにすると見やすくなります。それぞれの写真の上をクリックすると写真が大きくなり、またクリックをすると元にもどります。)

Post to Twitter Post to Facebook Send Gmail

This entry was posted in エクソドス, カリブ海, ビデオ/写真 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.