数日のベトナム観光、ハノイかホーチミンか

ベトナムは全ての都市が日本と同じで特徴があり魅力的。 でも時間がなければ1都市に絞るべき。

できれば全ての魅力を味わうためにも最低7~10日程は欲しい所。 でも週末をかけて3~5日くらいの休みなら的をしぼらねば! そこで、南のホーチミンか北のハノイかが問題。

ベトナムの気候、ベストシーズンから選ぶ

ベトナムのシーズンも場所によります。 大きく分けて、フエより北の北部、フエからファンティエット辺りまでの中部とホーチミン辺りの南部。 中部は海岸線沿い、例えばニャチャンと山岳部、ダラット辺りでまた違ってきます。

ホーチミンは冬でも暑い。 ただ、ホーチミンの年間を通して過ごしやすいのは12月~3月。 北部は11月~3月は涼しい(結構寒い)、5月~10月が夏。 6・7月が湿気も高く一番暑い。 ただ、地元の人に言わせれば四季があり、3・4月が春、10・11月が秋、12~2月は寒い冬で6~7月は暑い夏。  山岳のサパでは冬は10度くらい。 2008年2月にはマイナス5度になり、雪も降りました。 北部の冬は私としては寒く、薄手のセーターが必要でした。 またこの時期は曇りの日が多く北部で快晴を望み、心地よい時期であれば3・4月がお勧め。 9~11月は台風の季節なので避けた方がいいでしょう。 台風の影響を受けないダラットや、3月・5月、9月終わりから12月頭がベストシーズンのサパはこの時期でも行けますが、日本からハノイ、ホーチミンに入るフライトに影響がでる恐れもあるので、短い旅行には向かないでしょう。

冬の暖かい場所を望んでのホリデーなら、ホーチミン。 ビーチのニャチャンもつけるとなると、3月。 ニャチャンのベストシーズンは3~5月くらい。 北部も3・4月がベストですが、暑いのが苦手な人で建物に興味のある人なら12月~4月まで楽しめると思います。 私は1月に訪れ、ニャチャンの海はその美しさが見れないくらいグレーで波が荒かったです。 曇り空ですが、パフュームパゴダのトレッキング&ボート乗りも暑くなく、雲&霧の中神秘的に続く島々をハロン湾で見れました。 地元の人に言わく2月くらいから晴れた日が多くなるそうです。

見所と特徴から選ぶ

ハノイ

旗 郊外にも見所が一杯。 日帰りツアーから1泊2日ツアー等豊富

旗 ベトナム北部のみでしか見れないような景観が豊富

旗 旧市街は歩きやすく、自分のペースで観光できる。

旗 道路に信号がある

旗 お店が面白い

旗 ハロン湾1泊2日観光

旗 パフュームパゴダ日帰り観光

旗 タム・コック日帰り観光

旗 山岳部族を訪れる (サパ) 数泊必要。 トレッキング

旗 中国、フランス等、文化の影響がミックスされている。

旗 ウォーター・パペット ショー (水上人形劇)

フエ

旗 王宮の歴史が豊富

旗 フエ城

旗 フエ郊外の遺跡。パゴダ(寺) 見学

旗 郊外戦争の歴史 (DMZ)

ホイアン

旗 ショッピング

旗 街探索

旗 こじんまりとして歩きやすい

旗 メイソン 世界遺産見学

ホーチミン
旗 クチトンネルを初めとした、ベトナム戦争跡の歴史に興味がある人むけ

旗 メコンデルタ

旗ムイネーを初めビーチ

旗 街全体が雑然としていて、信号が少なく交通秩序がない。 バイクの交通量が多くて道を渡るのも一苦労

旗 街が広く、見所が点在。 時間をかけて見学かツアーで能率よく。

ダラット
旗 のんびりしにいく

ニャチャン
旗 ビーチ

季節や興味、好みによりますが、個人的には蒸し暑いのが苦手なのと見所が多いハノイがお勧め。 次にお勧めは歴史一杯のフエです。

Post to Twitter Post to Facebook Send Gmail

This entry was posted in アジア and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.