「NHK南米大陸一周165日の旅」に感動、夢を実現させた定年後生活を楽しむ方の声

NHK番組、「南米大陸一周165日の旅」に感動し、地元の人達や他の旅人たちとの交流、南米大陸をじっくり、のびのびと体験できるクムカのオーバーランドツアーのスタイルに憧れを感じた方は多かったと思います。 でも色々な事情でなかなか実現出来ないのも事実。

そこで、つい先日、このツアーを終え夢を叶えた60代の方、細田さんの体験をご紹介したいと思います。 弊社とクムカの付き合いは長いですが、正式に日本人のお客様の窓口になる前に細田さんからご予約を頂きました。 今ではクムカのサイトでお申し込みされてもすぐに弊社に転送されるようになっているのですが、この時は転送されず、この方が間違った入力をした事をきっかけにクムカからお客様に連絡を取ってほしいと連絡が入りました。

英語のサイトでお申し込みされているので、英語はある程度大丈夫な方かと思いましたが、実は英語もコンピューターも苦手。 それでも、感動した番組から長年の夢を実現させるためのこの行動力に私は感銘を受けました。 常日頃から、キャンプやハイキングは楽しまれてみえるようで、体力やこのようなベーシックなスタイルには大丈夫のようですが、英語は勉強され、旅行の詳細等も頑張って英語で読まれていたようです。 日本でハイキングに行った際に外国の方を見かけると片言ならがに声をかけたりと挑戦心が豊富。 昨年、日本での多国籍ツアー説明会にお越しいただきお会いしましたが、活発で意欲的、笑顔の素敵な叔父様でした。

参加されたツアー

Carnival Queen Rio Carnival Package – SARC5 ブラジルリオのカーニバルパッケージ (2月)
South America Encompassed – SA037 リオからパタゴニア経由キトまで114に日間オーバーランドツアー (2~6月)

参加者の構成 : 22才~62才 / 男:女 4:6 / 参加国 9

細田さんからこれから参加される方へのメッセージ

当初このツアーに日本人参加者私一人、多国籍の人々で、長期間、初めての国々、この様な旅スタイルも初めて、しかも六十二歳、共通語の英語も全く不自由、心配事だらけからのスタート、案の定当初は戸惑う事ばかりの数日間でしたが、振り返れば訪ねる地をじっくり、深く堪能し、多国籍の人々と住、食、行動共にし、親しく楽しむ、明日へのワクワク感の途切れない四ヶ月の日々でした。勿論、言葉できればもっと人との関わりが広められ、深められ、さらにすばらしく、羨ましいとは思いましたが、しかし言葉に心配な方でも、定年迎えた年齢の方、やっと長期の時間が持て体力、気力がある今こそチャンスですよ!

他の方のフェイスブック(最終的には他に日本人の女性がこのツアーに参加しました。ツアー中はよく親子に間違えられたそうでうす。)でコメントやお写真を拝見しましたが、他のツアーメンバーからも親しまれて見えるようでした。 アドベンチャーツアー、多国籍ツアーの旅を楽しみ、今回の体験に満足して頂け大変嬉しく思います。 人生不安はつき物です。 でも、出来ないと決め付けたり、物事を否定しないで、前向きに、強く欲する事が全て可能にしてくれるかと思います。細田さんのお姿や今回の旅は、そんな事を伝えてくれてるように思います。

よくあるご質問では、”英語が出来ませんが大丈夫ですか?” とあります。 もちろん、話せた方がより楽しくなるかと思いますが、交流をしようという意欲だけかと思います。 ツアーに申し込まれる方の90%程は皆、”英語が出来ません、英語は中学生レベルです” という方が多いようですが、皆さん楽しまれて見えます。 ですので、実はご自身が思っているより、喋れるのではないかな~とも思ったりもします。

英語が出来ないから、無理かな~、なんて思わないで、試してみてはどうでしょうか? 多国籍ツアーは英語の試験ではなく、旅と交流を楽しむ機会です。 難しく考えず、細田さんのように、挑戦、楽しんみてください。

Post to Twitter Post to Facebook Send Gmail

This entry was posted in クムカ, ツアーの感想, 南米 and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.