母娘で参加、G Adventures 中国少人数グループツアーの感想

中国、北京から西安、東洋のベニス、蘇州そして上海の8日間のG Adventures の少人数グループツアーに参加された楠瀬さん曰く、観光名所はもちろんのこと、ガイドさんと一緒に団体でローカルのバスや地下鉄で移動したり、タクシーに分かれて乗車したりと、なんだか課外授業をして いるようで(笑)本当に心から楽しめました。 食事や体調、歴史のことやローカルスポットなど、本当にありとあらゆることに親身になった対応して下さったガイドさん、世界から集った愉快な仲間にも恵まれてたいへん楽しい8日間だったそうです。

西洋のアドベンチャーツアーでは、混む場所を避けるために時間を考慮したり、場所を少しずらしたりします。 万里の長城でも一番ポピュラーな八達嶺長城ですが、朝の早い時間(ホテルは7時頃出発)で、人も少なく楽しめたそうです。 こちらで2時間半ほど自由時間→ホテルへバスにて戻り→自由時間。 自由時間が多いのもアドベンチャーツアーらしさ。 ツアーに参加して連れまわされてる感じは少ないです。

万里の八達嶺長城の一つのゲートから乗れるオプショナルの一つ、スライダー/Tobogganという乗り物で、長城から降りてくるのに利用。 ロープウェイもありますが、こちらの方が断然おすすめとの事です。

自分で加速・減速・ストップが出来る形のスライダーで、楽しかったです!

一番思い出深かった西安での午前中のオプショナルツアー。 城壁の上(12mの高さに、12~14mの幅、約14km)を1時間30分の自由時間でサイクリングする、といったもの。 朝一番ということもあり人も少なく、今回のツアーの中で一番人口密度の低い、見晴らしの良い時を過ごしました。 ただ中にはメンテの行き届いていない自転車もあるようで…それも思い出の一つです!

黄金のダンプリング像のお店(西安でのランチ、こちらはツアーに含まれていました)、ならびに最後のお鍋のディナー(上海、オプションだった気がしますが全員参加しました)はツアーリーダーが連れて行ってくれました。 ツアー中、特に移動直後のランチやディナーはツアーリーダーが連れて行ってくれることが多く、みんなでシェアしながら頂きました。毎回60〜80元、それに+で各自頂いたドリンクといった様なお値段でした。上海での小籠包の老舗店は自由時間中でしたが、グループのメンバーと揃って向かい、みんなでシェアした形です。こちらもツアーリーダーのお墨付きのお店(かなり行列もしていました)でした。

 仲の良いお2人、本当に楽しそうですよね。 (上海)

蘇州

楠瀬さん(母娘)の参加したツアー G Adventures  : China Express

Post to Twitter Post to Facebook Send Gmail

This entry was posted in アジア, ギャップアドベンチャー, ツアーの感想, ツアーの様子/お客様の声, ビデオ/写真 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.