クォーク・エクスペディション - Quark Expedition

北・南極クルーズと言えばポーラークルーズ専門、クォーク・エクスペディション

73~128人のりのエクスペディションボート利用。  人数が少ないので、全ての人が同時に上陸できます。 豪華大型クルーズのような派手やかさはないですが、気候条件の厳しい南極、北極では氷を割って進めるパワーがあり頑丈な船が安心です。 派手やかさがないだけで、お部屋はとても居心地がよく、またお食事も豪勢です。

南極や北極で、自然や動物に興味のある人にとって、少しでも多くの時間を陸やゾリアックで海に出て自然の中の体験や写真撮影が出来るのは大切な事。 それが少人数エクスペディションクルーズなら叶えてくれます。 船によってはヘリコプターを積み南極奥地までも行けます。 またカイヤックで静かに海面を楽しんだり、陸でキャンプが出来るコースもあります。

夏の季節に行くので想像よりは寒くなく、温泉が沸いている所もあります。 南極にたどり着くまでには、ドレイク海峡を渡らなければなりません。 とても荒い海峡として有名で、普段乗り物に酔わない方も酔いどめの薬を持参される事をお勧めします。

クォークのサイトは見やすく、船比較ページで日程を選ぶ事もできます。

お勧めクルーズ

(お勧めクルーズのリンク先は催行ツアー会社のページとなります。 内容ご参照の上、ご質問、ご予約は多国籍ツアー専門店までお気軽にお問合せ下さい。 )

南極、フライ・イン クルーズ (8日間) チリ、プンタ・アレナス発着。 時間がない人、乗り物酔いがひどい人向け。 飛行機で南極に入り、そこでクルーズに乗船。 ハイライトだけを楽しめます。 もちろん、船で行く方が料金はお安くなります。   船で行く場合11日間

南極探検隊 (15日間) アルゼンチン・ウシュアイア発着。 歴史にも興味がある人向け

ロス・シー・エクスペディション (29日間) ニュージーランド・クライストチャーチ発、オーストラリア・ホーバット着。  飛行機代を押さえ、また時差が少ない方がいい人向け

北極サークルクルーズ 15日間 ヘルシンキ発着。 北極方面のクルーズは、歴史や文化も見られます。 また、氷だけでなく、花や大陸、またより多くの鳥など見れ幅広く楽しめます。

クォークのクルーズではないですが、時間がない、また船での生活が苦手な人に2日や3日の体験ツアーもあります。 2日の場合は日帰りで、南極大陸に足を踏み入れる事さえできればいい人にはいいですが、出来ればリサーチセンターで一泊する3日のツアーをお勧めします。 もちろん最低1週間は欲しいところですが。

その他にもツアーは一杯。 貴方に合ったツアー探しお手伝い。

ご質問、ご予約はお気軽にお問合せ下さい。こちら! Create your own banner at mybannermaker.com!

( お申し込み方法ご予約、参加中の注意点

Comments are closed.