オーバーランドとは

アドベンチャーツアースタイルの一つでオーバーランド、国境を陸路で越えて色々な国を跨げて大陸を旅する事を言います。

オーバーランドトラックは、テント、キャンプ用品、食料や水、燃料を積み、オフロードや悪い道にも対応した頑丈な作りのトラック。 街はずれ、街と街の間など、どこでも留めて夜を過ごせ、またあまり人の行かないような、自然の美しい場所等にもキャンプが出来きます。

会社にもよりますが、大抵のトラックの社内には金庫、本やゲーム等があり、また自分達の持参の音楽を交代で聴けるようになって長い道のりも楽しく過ごせます。 旅行参加者が乗る場所と運転席が離れているトラックもあり、その場合はマイクで交流。 エアーコンディションは付いてないので窓をあけて自然の風を楽しんでください。

アフリカ以外の殆どのオーバーランドツアーは、英語圏の西洋人のツアーリーダーやドライバーを利用している所が多く、それぞれの場所で英語の話す現地ガイドを雇い観光をします。

アフリカのサファリツアーではドリフターズかGアドベンチャーズがお勧め。 ドリフターズはサファリ重視の方にお勧めで地元の経験豊富なアフリカの人がガイドで、動物や自然の知識が豊富。 Gアドベンチャーズも地元ガイドを利用。 Gアドベンチャーズは若者限定ツアーと年齢制限のないツアーあり。 どちらも参加者が色々な国籍の方になる可能性が多く、ツアーによって地元の人との交流や彼の非営利プロジェクトに立ち寄れ、交流にも興味のある人にはお勧め。 また、ローカルペイメントもありません。(より詳しいGアドベンチャーツアーズについてはこちら) そして、若者限定長期オーバーランドツアーではエアーコンバス利用なのも快適。 時間がなく、とにかくハイライトを多く見たい、急ぎ足でも構わない人にはツーカンがお勧め。 (年齢制限なしツアーと若者限定ツアーあり) それ以外はGアドベンチャーズに似た地元貢献に力を入れるイントレピッド(年齢制限なし)やゲコーズ(若者限定)もあります。  アフリカのサファリは経験のある地元サファリガイドが付くと動物の習性を知っていて色々な動物を見る可能性を高めてくれます。 料金の違いはスタッフの数や質、何が含まれているか、グループサイズにもよります。

大きなトラックでは早く走れず、動物を驚かすので、サファリを重視される方であれば、数カ国にしぼり、少人数グループで小さいサファリ専用車を利用するツアーをお勧めします。

場所によってはドリフターズ以外の会社は小さいサファリ用の車に乗り換える場合もあるので、日程をよく読んでみて下さい。 もしくは、多国籍ツアー専門店までお問い合わせください。

オーバーランドツアーと言えば、 オーバーランドのみを専門とする ドラゴマン – Dragoman西アフリカ、中近東、中央アジア、アジア、南米等 世界中を駆け巡り人気の会社で、お勧めです。 東アフリカ、南アフリカは西洋のツアーリーダーなので、別の上記の会社の方がお勧めです。 南米では少し駆け足の日程ですが、ツーカンも南米一周のツアーを出してます。

オーバーランドトラックの現在と昔。 現在の色々な会社のオーバーランドトラックの様子は こちら

オーバーランドの様子をビデオで見てみよう!

そして疑問は、どんな人がオーバーランドツアーに参加するの?

一人旅を安全に楽しく旅行できるので20~30代の一人参加の方が多いようですが 40~60歳、時には70歳くらいの人も参加します。 親子の参加 (20代くらいの娘さんや息子さんと、お父様もしくはお母様など。)もよく見かけます。 とにかく、誰も行かないような場所の旅をしたい人ツアー参加者と友達作りしたい人。 そんな旅好き、人好きな人達です。 長い日程の一部だけ参加する方も見えれば、世界一周旅行中に何ヶ月もかけての長期ツアーに参加する方も見えます。 長期のツアー参加者の方には、人生の節目で自己発見、挑戦の目的で参加される人も多いようです。

ただ、気軽で大ざっぱ、前向きな人でないと始めは苦労するかも知れません。 数日お風呂に入れないのは当たりまえ。 でも、皆が匂うから気にすることないです。 時間に追われる日常生活を忘れ、気楽に参加してみてください。 いい体験になる事間違いなし!

少しワイルドすぎると思われる方は、設備の整ったキャンプ場やホステル泊ができ、日数も1週間からある北米オーバーランドツアーのトレックアメリカやG Adventures やイントレピッドの北米ツアーから試してみては如何でしょうか?

Comments are closed.