Tag Archives: サイクリング

サイクリングでストレス解消 ~ 癒しの時間の過ごし方と持ち物

人それぞれ、ストレス解消方、くつろぎの時間の過ごし方があるかと思います。 友達と出かけ、お買い物や美味しい食事をしながら会話を楽しむ。 それも気が晴れますよね。 でも、比例して、時にお財布が寂しくなったり、ウエストラインが気になったりと罪悪感も・・・ そこで、私はやはり、森林浴。 外の空気を吸って、木々の緑を眺める。 太陽の温かみを感じながら、のんびり散歩。 自然に触れ合う事、運動する事はストレス解消の一番の方法ではないでしょうか? 殆どが無料でウエストラインも大きくならず罪悪感なし! 時間があれば、ハイキングやサイクリングを楽しみます。 出来るだけ緑の多い公園に行ったり、時間がなければビーチや水辺を歩き、波の音を聞きながらボ~と山や雲の動きを眺めたり、読書。 ただ、読書は成功した事がないです。 あまりにも気持ちよく何度、本を落とした事か・・・ 昨日のお休みは良い天気だったので、お気に入りのウエストバンクーバーの海岸沿い、マリーンドライブの通りに沿ってサイクリングして、フェリー乗り場のあるホーシューベイの先、ホワイテクリフ・パーク (Whytecliff Park) に行ってきました。 最初はその後ウイスラー方面のハイウェイにのりスクワミッシュ手前のシャノンの滝まで行くつもりでしたが、風が強かったのと、コーヒーが飲みたくなり途中カフェに寄ったり、ランチやスナックの買い出しのお店で時間を気にせずのんびりしていてやめました。 そう、癒しの時の過ごし方の鉄則! 時間を忘れる。 気分次第で予定は変更あり!時計ではなく、太陽の位置や腹時計で1日を過ごします。 時間を気にせずのんびり、景色を楽しみながらのサイクリング。 そして、週末は混むこの公園も人が少なかったので、眺めが良く、風が木々で遮られ、太陽の温かみを得られるスポット探しは簡単。 (とは言え、多少人の行き来がある場所がベスト。 最近はカナダも人の少ない公園では襲われる場合もあるので気をつけて。 途中警察の人も歩いて行ったので少し安心ですが、昼寝はやめておきました) そこで必需品 (これは旅行にも必用)。 帽子、サングラス、日本の100円ショップで購入した折りたたみ座布団、水、スナックに本。 バックパックは背もたれや枕にもなります。 バックパックの中には余分に最低1リットルの水、夏なら2リットル以上。 脱水症状 (ディハイドレーション dehydration)にならないよう、ココナッツウォーターやミネラルやビタミンを含んだ電解質( エレクトライト electrolyte)の粉末も持参。 日本ならスポーツドリンク。 海外でスポーツドリンク系の粉末を探す時はelectrolyteでお探しください。 例えばEmergen-C。少し炭酸みたいな感覚があって、冷たい水に入れると得にすっきりします。 水筒にはEleteを入れてます。 同じ electrolyte で糖分なし。 塩分、マグネシウムやZinc (亜鉛)が入り、筋肉疲労の回復にもいいです。 味は塩味なので、沢山入れると不味いですが、体が塩分を欲している時は塩味を感じません。 運動をしなくても、太陽に当たるような場所で日光浴をする時は水分補給は十分にしてください。水だけですと、汗でミネラルが抜け、水を飲んでいても脱水症状になります。 物によっては糖分が多いので、材料をチェックして、適度に。 片道約30キロの道のりなので、足がつらないよう、バナナやエネルギー源用に途中寄ったオーガニックストアのホールフードで美味しいマフィン(糖分と炭水化物。 長距離運動の時のみのご褒美。)をランチに持参。 波や風で揺れる葉の音、鳥の声を聞きながら眺めや読書を楽しみました。 そして、やはり、何度かウトウトして本を落としてしまいました・・・ こんな青々とした木々の緑。 可愛らしい草花が咲き、空気が美味しく気持ちがすっきりしますよね。 日本の街では緑は少ないかもしれませんが、公園や、空気が悪くても外に出る、太陽にあたる、お部屋に花や植木を置く。 気持ちを自然で癒してみてください。 カナダでも日本に居た以上に長時間労働。 肩こりなく、ストレスが少ないのはバランスの取れた食生活と、バランスのある時間の過ごし方。 何事にも陰陽があるように、忙しい時間とのんびりした時間のめりはりを。 忙しくてものんびりした、癒しの時と空間を作る事かと思います。 時間を無駄にしたと思うような時の過ごし方ではなく、何もしない事に価値のある事を感じられる時を過ごしてみてください。 家族との時間。 自分だけの時間。 時計ではない時の区切りがあると、それぞれの時をより充実に過ごせます。 雨の日や長距離サイクリングに行く時間がない場合でもそれぞれ、30分から1時間は休みの日にジムとカフェで癒し音楽を聞きながら読書を楽しむようにしています。 旅に出ても、陰陽バランスの取れた時の過ごし方してみてください。  

Posted in カナダ, グッズ, サイクリング, バンクーバー, 多国籍ツアー参加チップ, 思考, 旅の持ち物便利品, 英語ワンポイントレッスン, 豆知識 | Tagged , , , , , | Comments Off on サイクリングでストレス解消 ~ 癒しの時間の過ごし方と持ち物

イタリア・トスカーナ地方のヴィンテージサイクリングレース

イタリアのトスカーナ地方の景色と食事を楽しみながらの一般庶民参加のサイクリングレース。 ビィンテージサイクリングウェアーを着て、ビィンテージ自転車に乗って人達を見てるだけでも、その場の雰囲気を楽しめる。 そんな自転車のパーツを売ったり、自転車を売ったりと、マーケットもあり、楽しいイベント。 シエナ辺りを廻るこのイベント名は L’Eroica 。 L’Eroica とは、ファウンデーションで、トスカーナ地方の白い砂利道の良さ、歴史を尊重、残そうという目的で1997年に始めたサイクリングイベントがきっかけ。 今ではマラソン大会もあるようです。 イベントのない時も、誰でもいつでも楽しんでもらおうとサイトにはルートも公開されてます。 今年の6月にイタリアに行く予定で、このコースの一部を楽しんできま~す! 下記、このコースの美しい景色やマーケット、イベントの様子が見れるビデオです。 ビィンテージのサイクリングウェアーを着た叔父~ちゃん達も可愛い。 その他のビデオ ルートは38キロ、75キロ、135キロ、205キロとあります。      

Posted in サイクリング, フェスティバル・イベント, ヨーロッパ | Tagged , , , | Comments Off on イタリア・トスカーナ地方のヴィンテージサイクリングレース

元オリンピック選手が案内! クロアチアサイクリングツアー

サイクリングツアーに力を入れているイギリスの老舗アドベンチャーツアー会社エクソドスでは元サイクリングのオリンピック選手がクロアチアのサイクリングツアーでツアーリーダーをしながら美しいクロアチアの国を案内しているそうです。 これはなかなか貴重な体験では? この、元オリンピック選手のクロアチアツアーリーダーは ヴゥラド ファミック さん。 オリンピック選手からエクソドスのツアーリーダーに至るまで語ってくれました。 初め、サイクリングに興味を持ったきっかけは何ですか? 子供の時、友達の多くが自転車を持っていてサイクリングクラブに入っていたので自分も仲間に入りたかったのがきっかけ。 すぐにサイクリングがとても好きになったけど、なかなか自分の自転車を手に入れるのには時間が掛かったんだよ。 だから、14歳の時にやっと本格的にレーシングチームに入ってトレーニングを始めたんだ。 その時始めての自転車を買ってね。 サイクリングがくれる開放感が大好きなんだ。 どうして本格的なレースで競争しようと思ったんですか? 初めた時からレースに勝って自分を照明する事に夢中だったよ。 自分の能力をすぐに発揮しだして、16歳の時にはユーゴスラビアのジュニアチャンピオンになったんだ。 この大会は18歳までのカテゴリーでもあったから自分にとっても大きな達成感があったよ。 そして、1971~1984年までユーゴスラビアのサイクリングチームに属したんだ。 自分のレベルを維持する事に気合が入っていて、レースに勝ち続ける事は特別な気持ちだった。 トレーニングはどれくらいしましたか? 最高潮の時は1日2~10時間トレーニングしたよ。 トレーニングの内容にもよるけど、時には1日2回とかね。 1年に90日はイベントやトレーニングキャンプに参加してレースのシーズンに備えたものだよ。 トレーニングは色々なエクササイズから成り立っていて、とにかく100% 力を出して勝つためには集中して取り組んだよ。 競技者として一番の達成は何ですか? ユーゴスラビアのナショナルチャンピオンシップで15回勝って、多種多様のトラックレコードをキープ。 モントリオールの夏のオリンピックではメンズ・スプリントとメンズ1000m タイム トライアルに出場して競走した事。 どうしてサイクリングツアーリーダーになったの? 30年、バイクショップを経営して自転車を売ったり、整備してたんだ。 そんな中で、多くのレースやサイクリングの集まり、週末サイクリング等主催してきて皆にはサイクリストの集合場とも言われているんだ。 サイクリングが好きだし、イベントをオーガナイズするのも好きだし、自然とツアーリーダーになったわけさ。 ツアーリーダーの何が好きって、リラックスした気分で色々な美しい景色の中サイクリングする事。 クロアチアの何がサイクリング・デスティネーションの魅力だと思いますか? クロアチアは小さな国だけど、驚くほどに色々な地形に恵まれているから自転車での旅が一番その美しさと魅力を感じられると思うよ。 今日、岩のごつごつした山間を走ったかとおもったら、翌日は美しいダルマチアの海岸線を風に乗って走る・・・ 言葉にしずらいな・・ とにかく、一番分かりやすいのは来て自分で試して見る事だよ。 クロアチアは美しい海岸線と可愛らしく歴史一杯の街並み、山間に自然も豊富と国自身がチャーミングで日本でもそして西洋でも注目の旅行先となってます。 つい少し前まではお値打ちに旅行でき、人気のあまり、叙所に物価は上がってきてます。 その他の西ヨーロッパのような物価になる前に、そして昔ながらの魅力が一杯残っているうちに、是非訪れてみたい国の一つですよね。 西洋では得にサイクリングツアーで訪れるのが大変人気で、ヨーロッパのサイクリングツアーとしてもトップに選ばれる国です。 エクソドスのグループツアーではサポート用の車も付いてますから、疲れたら乗ることもでき、荷物も運んでくれるのでのんびりと自分のペースでサイクリングを楽しみながらクロアチアを旅してみませんか? エクソドスは下記3つのツアーがあります。 最初の2つはファミックさんが案内してくれます。 ★ CYCLING THE DALMATIAN COAST Trip code: MVJ 一番人気。 一人参加者のみの出発日もあり。 人里離れた隠れた美しいビーチ、古い町並み、のどかな島々と外壁に囲まれたドゥブロヴニク散策の8日間サイクリングツアー。 $1340 カナダドル~ ツアータイプ ★ CYCLING THROUGH ISTRIA Trip code: MVI チャレンジを求める人に。 ヨーロッパの山間に隠れ家的に潜む町々を通り抜け、最後は美しいアドレア海で海水浴の8日間のサイクリングツアー。 $1460 カナダドル~ ツアータイプ ★ MOUNTAIN BIKING IN CROATIA … Continue reading

Posted in エクソドス, サイクリング, ヨーロッパ | Tagged , , | Comments Off on 元オリンピック選手が案内! クロアチアサイクリングツアー