Tag Archives: タイ

年末年始、英語で国際交流、アドベンチャーツアーで新たな挑戦の年を始めませんか?

新年を海外で、見聞を高めたスタートってどうですか? 新たな目標を見つけて2013年もより実りある年に! まだまだ行ける、年末年始、お勧めアドベンチャーツアー! 下記は G アドベンチャーの一部のツアーです。 この他にもツアーは一杯! ご希望のお日にち、旅行先をご連絡下さい。 お探しいたします。 アジア インド Golden Triangle  ( AHGT ) USD $ 699。 12月30日2012年 ~1月6日2013年 (残り5席) スタンダード。ホテル、ゲストハウス泊。 公共の交通手段からプライベートバス利用。 少人数バックパッカースタイル。 最高15名まで。 デリー発着。 アグラ、ジャイプールのゴールデントライアングルの旅。 ご予約はこちら 東南アジア ベトナム・カンボジア・タイ Cambodia Experience (AVCW ) USD $ 1099。 12月27日2012年 ~1月4日2013年 (残り 7+ ) スタンダード。 ホテル泊。 公共の交通手段からプライベートバス利用。 少人数バックパッカースタイル。 最高15名まで。 ホーチミンからバンコクまで、メコンデルタ、プノンペーン、キリングフィールド、アンコールワットのハイライトを抑えた旅。  ご予約はこちら タイ Northern Hilltribes & Villages  ( ATHV ) USD $ … Continue reading

Posted in アジア, アフリカ, お勧めツアー, ギャップアドベンチャー, 中米, 中近東 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Comments Off on 年末年始、英語で国際交流、アドベンチャーツアーで新たな挑戦の年を始めませんか?

タイ北部、美しい国境沿いの旅の仕方

タイ最北部、メーサイからゴールデントライアングル経由でラオスへ渡る国境の町チェンコーンまでの川沿いは大変綺麗です。 殆ど平らで最後チェンコーン辺りで坂があるくらいなので、自転車で走ったら気持ちがいいだろうな~ と思いながらソウテウやバイクタクシーに乗ってました。 そう、ソウテウやバイクタクシー! 何度も乗り換えが必要な上に午前中、遅くて午後1時くらいまでしか走ってません。 チェンセーンからはソウテウが一杯にならなければ出発しないというスケジュールなしの路線です。 チェンマイでイントレピッドのツアーリーダーに聞いた時も、メーサイでツアーオペレーターに聞いた時も定かな事を知らない路線。 地元の人は要がない所には旅をしないようなので、路線バスでなければ情報が乏しい中、うわさを元にチェレンジしてみました。 朝、ゆっくり最後のメーサイゲストハウスからの眺めを楽しみ、8時から30分おきにメーサイからチェンセーンまではソウテウが出ていると聞いていたので朝一番は逃しましたが次にと8時少し過ぎ(5分程)に乗り場に着くと丁度逃したようで次は9時。 1時間おきでした。 ただ、その後は9時半があったようで、チェンセーンで会ったスペイン在住のブラジルの旅人がそのソウテウに乗ってきました。 メーサイからチェンセーンのソウテウ メーサイのソウテウ乗り場 チェンセーンの少し手前にゴールデントライアングルがあります。 ソウテウを数分停めて写真だけ撮ろうと思えば出来たのかも知れませんが、とりあえず降りてインフォメーションブースでバックパックを見ていてもらい駆け足でその辺りを見て周りました。 そして、次のソウテウがいつくるか分からなかったので、チェンコーン行きを逃したくないと、バイクタクシーでチェンセーンに向かいました。 大きいバックパックは運転手の足元に、自分は小さいバックパックを背負って乗ります。 地元の人は慣れていてどこも掴まずゆとりを持って乗りますが、必死にバイクの後ろを掴み疲れましたが眺めは最高! ソウテウの倍の料金はしますが価値があります。 ゴールデントライアングル 左岸がミャンマー、右岸がラオス、手前がタイ チェンセーンは綺麗な川沿いでのんびりした町です。 ゆっくり川の風景を楽しむ滞在をしたい場合はお勧めの場所です。 メーサイの川幅は大変狭いですがここは既に大河です。 チェンセーンからはソウテウが一杯になるまで出発しなかったので2時間ほど待たされました。 チェーンセーン チェンセーンのチェーンコーン行きソウテウ乗り場。メーサイ行きとは別の所にあるそうです チェンセーンからハードバイまで殆どタクシー状態で地元の人達の家まで寄り道を一杯しながら行きました。 そしてハードバイでは次のソウテウが待っていて待たずに乗り継ぎチェンコーンまで。 メーサイからハードバイまで平らな道でハードバイに向かいだす頃から少し傾斜になります。 メーサイからチェンセーンは少し内陸を走り、ゴールデントライアングルからチェンセーンの少し先くらいまで川沿いのオープスペース。 そして、また少し内陸の村中を走ります。 ハードバイからチェンコーンまで少し山あいになり木が増えますが合間、合間に川が見れます。 ハードバイから乗り合わせた若いお坊さん達 時間があれば、メーサイからゴールデントライアングルで観光して(見てお茶して1~2時間もあれば十分だとは思います) チェンセーンで宿泊。 チェンセーンを半日楽しみ、そして、チェンセーンからチェンコーンに行くとのんびりしたタイを楽しめます。 時間がなければ料金は高くつきますがタクシーや旅行会社で車を手配してゆっくり景色を楽しみながら廻る。 チェンライやチェンマイからチェンセーン頻繁に路線バスが出ているのでチェンセーンを拠点にゴールデントライアングルに行くか、一日観光バスでチェンマイやチェンライから廻ってもいいかと思います。 チェンコーンからラオス対岸を眺める このボートでラオスに渡ります

Posted in アジア | Tagged , , , , | Leave a comment

カンボジアとタイの国境でのビザの申請にご注意!

カンボジアとラオスのビザは30日以内の滞在なら現地で到着の時に取得できます。 カンボジアは飛行機で入国すれば問題なく、20アメリカドルを支払ってビザの手続き完了。 問題は陸路での入国。 ベトナム、ラオス、タイからの入国でそれぞれの国境で料金が異なるようです。 手数料として20ドル以上請求するのですがタイからの入国が一番問題が多いようです。 バンコクから国境まではタクシー、トゥクトゥク、列車を乗り継いても、カオサンの旅行会社やホテルで手配してツーリストバスに乗っても料金は同じくらい。 自分で国境を渡るとビザの問題が多いと聞いたので便利なのもありツーリストバスを利用しました。 バンコクからシェムリアップまで350バーツ。 購入する場所によっては50バーツ程違います。 快適に国境まで行くと少して前の町でランチ時間。 ランチの時に書類に記入して写真を2枚渡し、食事をしている間にビザを申請してくれます。 食後にパスポートに張られたビザを持ち、国境に向かいます。 両替の件等教えてくれたり、国境も丁寧にカンボジア側まで連れて行ってくれます。 カンボジアからは他のミニバンで来た人達と合流して大型のバスに乗ります。 ここまではいいのですが、ビザ代を1200バーツ+手数料100バーツ(これはタイの出国をしてから)請求されました。 バンコクに着いて翌日に出たのでバーツにまだ慣れてなく幾らか気づきませんでしたが約40ドル(+3ドル)です。 他の旅行者が高いと指摘した所、最近料金を上げたのだとか。 ベトナムやラオスから入ってきた人達は20ドルに手数料等、色々足して結局30ドルくらい支払ったとか。 手数料だとか言ってくればまだ納得いくものです。 バンコクに戻り、購入した旅行会社の前を偶然通ったので聞いてみると料金が値上がりで1200バーツだと言われました。 どうしても腑に落ちず、戻ってから同じように国境を越えるツアーが多いアドベンチャーツアーの一つ、G Adventures (ギャップアドベンチャー)に聞いて現地スタッフに確認してみると、やはり、タイ・カンボジア国境は問題が多いようで、彼らは手数料$5+ビザ$20で手配しているようです。 国境ではタイの出国とカンボジアの入国で並び、3時間くらいかかりました。 並んで、待っている時オフィサーに袖下でお金を渡してる人達もみました。 今まで多くの陸路での国境越えをしてきましたが、料金的に問題があったのはここと、ミャンマーくらいです。 カンボジアを陸路で入国の場合はツアーに参加して納得のいく手数料を払って手配してもらうか、出発前に手配をしておくことをお勧めします。 ラオスは問題なく所得できました。 写真1枚と用紙に記入、日本人は30ドル、アメリカ人は35ドル、カナダ人は42ドルです。 通常アメリカ人のビザ代がどの国籍よりも高いのですが、ここはカナダ人の方が高いのだな~と。 カナダ人はあまり歓迎でないのかな? (2011年12月の情報: $1 = 30バーツ)

Posted in アジア, ビザ・国境 | Tagged , , , , , | Comments Off on カンボジアとタイの国境でのビザの申請にご注意!

タイ最北端、ミャンマーとの国境の町メーサイとタチレク

中国からの商品が溢れ、タイ南部から商品を買いに来る人、ミャンマーからの出稼ぎの人等、多国籍な人達で賑わう小さな国境の町、メーサイ。 アユタヤやスコータイ等の遺跡や、チェンマイなど有名なお寺がなく、 ” 観光名所 ” のない小さな町ですが、人の暮らしに興味があり、また、街の騒々しさや南部の暑さから逃れのんびりするにはいい所です。 チェンライからバスで1時間半程でメーサイに着きます。 チェンライでは朝5時50分から夕方6時半の間で15分おきにバスが頻繁に出ており、チェンライのホステルで30バーツと聞いてましたが35バーツバスの中で支払いました。 バスがメーサイのバスステーションに着くとソウテウが待っていて乗り換え町の中心、国境の前まで行きます。 ソウテウは15バーツ。 バスステーションの近くにはイギリスのテスコ ( TESCO) がアメリカのウォールマートと同じサイズくらいのでありました。 バンコクやチェンマイの街中で見かけたのは小さいのでした。 大型のいい車が一杯駐車されてました。 私が泊まったメーサイゲストハウスは賑やかなマーケットを抜け、静かな、ミャンマーとの国境の川沿いにありました。 ダイニングのある所はテラスで壁がないので冬の夜は寒いですが、昼間は川の向こうのミャンマーを見ながらのんびりくつろげます。 個室+共同トイレ&シャワー(お湯でます)200バーツ。 部屋にトイレ&シャワー付き、リバービューの部屋はもちろん高くなります。 川の左はメーサイゲストハウス。 右はミャンマー メーサイで出来る事としたら、マーケットを覗いたり、マーケットの裏手からお寺、ワットドイワオの丘(最後は長い階段が続きます)を登ると景色が綺麗で得に夕日の黄昏の色の中タイとミャンマーをを眺めは抜群です。 また、バイクを借りたり、タクシーを雇って郊外の山や洞窟巡り、綺麗なお花畑もあるようです。 ワットからの眺め。 左パゴダの辺りばミャンマー それ以外にミャンマーのビザ代がかかりますが、橋を渡りミャンマーに行くのも面白いです。 橋を渡ってすぐのマーケットでは中国から流れてくる安い商品が一杯。 これを目当てに多くにタイ人が訪れてます。 日常雑貨、安いカバンやタバコ、観光客としてはあまり買うものがありませんが唯一購入したいものは中国の海賊版 CD や DVD。 韓国のドラマや映画も多くありました。 日本に滞在して居た時に両親の影響でトンイ等見ていたので続きが見たく惹かれましたが、日本語もしくは英語のサブタイトルがあるとは思えず、また荷物が重くなるので辞めました。 その代り、アメリカのテレビシリーズ Lost の最終シーズンを50バーツで購入。 他のお店では2~3倍していましたし、ネパールも安くDVD が購入できますが、最低$7~10はしていたような気がします。 50バーツなだけあり、テレビで見れませんでしたが、コンピューターで見れます。 ここからミャンマー 国境越えてすぐ右手に広がるマーケット 仕事で知り合いった、タイのツアーオペレーターの人に会っていて、時間がなく行けませんでしたが朝から国境を渡ればトゥクトゥクやバイクタクシーでパゴダを初めとした近くの名所も訪れます。 (国境は5時半にしまります。 ただ、時差でミャンマーは30分遅いです。 ミャンマーの中心に合わせています。タイ5時半でミャンマーでは5時です。 ) トゥクトゥク バイクタクシー オレンジのベストを着るドライバー。 要はバイク(スクーター)二人乗り ビザは2週間有効でその地域なら滞在も可能です。 このツアーオペレーターが扱うツアーの一つで ミャンマーのケンツング (Keng Tung )に訪れ、山間民族に会いに行く5日間のトレッキングツアーがあります。 このようなツアーにもこのビザで大丈夫です。 国境でビザ代、US$10か500バーツを払い、その場で写真を撮り、パスポートは預け、代わりの許可証をもらいます。 国境では問題が起こる事もあるので、彼もバンコクオフィスから今はメーサイオフィスにきて旅行者のお世話をしてます。 彼からこの料金を聞き、アメリカドルで払うよう言われました。 $1=30バーツですから、500バーツは約17ドルです。 移民局のオフィスに入ると怖そうなオフィサーが500バーツで払うよう言いました。 10ドルで払おうとしても受け付けません。 しばらく待たされ、10ドルと聞いたので140タイバーツしかないと、お財布を見せて何とか受け取ってもらいました。 半分我慢比べのようでした。  正直、パスポートを取られていたのでタイに戻ってくるまで緊張しました。 タイを背にして入国は右側のオフィスで手続きをして、帰りは逆の左側のオフィスでパスポートを受け取ります。 無事に受け取る事ができました。 初めのオフィサー以外はフレンドリーで優しい人ばかりでした。 ミャンマー政府の書類によれば10ドルの持ち合わせがない場合は500バーツで支払ってもいいとの事なので、このオフィサーの個人的な判断のようです。 私はその前にカンボジアで倍請求され意地になってしまいましたが、あまり移民局では逆らわない方がいいとは思います。 タチレクの町 NHK 連続ドラマ、カーネーションに出てくるミシンが並びます。 ポスターが凄いな~と眺めてしまいます国境を結ぶ橋の真ん中辺りからタイ側を眺める 橋の中心。 右はタイ。左はミャンマー 橋の上、ミャンマー側に店を出す叔父さん。 屋台は全体的に油の量が多く油っぽいですが、中がサツマイモのアンのようで結構美味しかったです。 イントレピッドのツアー中、キャンプファイヤーで作ってくれた地元のもち米デザート。 竹の筒の中にもち米とココナッツミルクを入れ竹をそのまま火にかけて竹の中で蒸します。 外の硬い皮はむいて中の薄皮と合わせて食べます。 ほんのりココナッツの風味がし甘さは控えめ。 ラオスでも見かけました。 私の定番ランチとなりました。 メーサイのベーカリー&カフェ。 無料WIFIも使えます。 ケーキはカラフルですが、手作りクッキーはそれ程甘く美味しかったです。

Posted in アジア, お土産・ショッピング, ビザ・国境 | Tagged , , , , , , , | Comments Off on タイ最北端、ミャンマーとの国境の町メーサイとタチレク

アジアのコーヒーとチェンライのお勧めコーヒースタンド

アジアの国の多くはお茶文化のようですが、ベトナム、ラオスはフランスの影響も強く、また、カンボジアも美味しいコーヒーが飲めます。  そしてタイ北部もコーヒーが美味しいです。 基本的にはベトナムコーヒー系でコンデンスミルク(加糖練乳ーにゅうれん)を入れます。 観光客に慣れている所なら、フレッシュミルクを入れてくれる所もあるので、メニューにミルクコーヒーと書かれていてコンデンスミルクが苦手な場合は確認をした方がいいです。 フレッシュミルクがない場合はクリマー(クリームパウダー)をリクエストしてみてください。 カンボジアでコーヒーを用意している所を見ると、フレンチ式でプランジャー、もしくはエチオピアのコーヒーの入れ方のようで、ポットにコーヒー豆(パウダー)を入れ上澄みを注いでました。 濃いコーヒーです。 タイにもチェンマイや観光地にはスターバックスが進出し、得にチェンマイにはお洒落なカフェが城壁内に多くあります。 料金はカナダと同じくらいでカフェオレなら約$3。 (カナダの普通のコーヒーなら$1.7) チェンマイのスターバックス(城壁の東の門辺り) チェンライで疲れながら観光をして居た時、どうしても濃くて美味しいコーヒーが飲みたいと思っていると、こんなスタンドを見かけました。 ワットプラケオの正門を通りすぎ、川の方に向かった病院の前にいつも彼は店を出すそうです。 病院の前で、棺おけ屋の前です。 場所的には少し笑えます。 お寺、病院、棺おけ・・・ 病院の看護婦さん達にも人気のスタンドで本格的なエスプレッソマシーンを備えてます。 これを見た瞬間、 ”ここだ!” と思いました。 ミルクもフレッシュミルクをマシーンで温めます。 なかなか濃く、コーヒーの味もしっかりしたカフェオレでした。 そして料金も25バーツ! 大変満足のいくアフタヌーンコーヒーとなりました。 コーヒー以外にもグリーンティーラテみたいなものや、紅茶もあります。 ホットとアイスもあります。 右がコーヒースタンドで左が食堂 隣の食堂も看護婦さん達に人気のようで、叔母さんが手際よく料理してました。 棺おけ前のベンチに座りコーヒーを味わいながら地元の人達の交流を見ているのは観光中の休憩により安らぎを与えてくれいいものです。

Posted in アジア, レシピ・グルメ・レストラン | Tagged , , , , | Comments Off on アジアのコーヒーとチェンライのお勧めコーヒースタンド

タイ・チェンマイから山間民族を訪れて ~ 写真集 2 ~

山間民族の村の様子 子供達のダンス 山で見つけた花 マラリヤを直すお花 苦くて美味しくないです・・ 触ると閉じるお花 チェンマイモーニングアクション ココナッツ・パンケーキ (甘いです) タイのクリスマス タイの国民は皆国王が大好き。 尊敬してます。 あちこちに国王の写真が飾られてます

Posted in アジア, イントレピッド, ツアーの様子/お客様の声, ビデオ/写真 | Tagged , , | Comments Off on タイ・チェンマイから山間民族を訪れて ~ 写真集 2 ~

タイ・チェンマイからの山岳民族を訪れて ~ 写真集 1 ~

イントレピッド、チェンマイから山間民族を訪れるツアーの様子です。 オプショナルサイクリングツアーでチェンマイ郊外にあるオールドタウンには多くの遺跡となった町跡があります。 タイの人達の観光グループは見かけましたが、まだまだ外国の人には知られてないようで見かけませんでした。 チェンマイの城壁内のお寺 の一つ  ワット・チェディ・ルアン – Wat Chedi Luang ハイキング中、山の中には沢山の蘭の花があります。 ハイキング中の村を見下ろす景色 ロンガン・ライチ 畑 スターフルーツの木 (スターフルーツは輪切りにすると星の形をしてます) アリの巣 村には多くのライチの木が家先にも植えられてます ランチを作るスタッフ。 ランチはパットタイやフライドライス(炒飯)とフルーツです。 ランチ 夕飯はスプリングロール、タイカレー(ベジタリアンとお肉)、他の炒め物等、最低3品はあります。 そして、デザートのフルーツ。 朝はトーストに卵、もしくはパンケーキと西洋式 象の頭に座る象使い スターウォーズのヨダみたい この象は本当に大きかった・・・ 鼻にバナナ詰めようとしてごめんね・・・

Posted in アジア, イントレピッド, ツアーの感想, ツアーの様子/お客様の声, ビデオ/写真 | Tagged , , , , | Comments Off on タイ・チェンマイからの山岳民族を訪れて ~ 写真集 1 ~