Tag Archives: チェンマイ

年末年始、英語で国際交流、アドベンチャーツアーで新たな挑戦の年を始めませんか?

新年を海外で、見聞を高めたスタートってどうですか? 新たな目標を見つけて2013年もより実りある年に! まだまだ行ける、年末年始、お勧めアドベンチャーツアー! 下記は G アドベンチャーの一部のツアーです。 この他にもツアーは一杯! ご希望のお日にち、旅行先をご連絡下さい。 お探しいたします。 アジア インド Golden Triangle  ( AHGT ) USD $ 699。 12月30日2012年 ~1月6日2013年 (残り5席) スタンダード。ホテル、ゲストハウス泊。 公共の交通手段からプライベートバス利用。 少人数バックパッカースタイル。 最高15名まで。 デリー発着。 アグラ、ジャイプールのゴールデントライアングルの旅。 ご予約はこちら 東南アジア ベトナム・カンボジア・タイ Cambodia Experience (AVCW ) USD $ 1099。 12月27日2012年 ~1月4日2013年 (残り 7+ ) スタンダード。 ホテル泊。 公共の交通手段からプライベートバス利用。 少人数バックパッカースタイル。 最高15名まで。 ホーチミンからバンコクまで、メコンデルタ、プノンペーン、キリングフィールド、アンコールワットのハイライトを抑えた旅。  ご予約はこちら タイ Northern Hilltribes & Villages  ( ATHV ) USD $ … Continue reading

Posted in アジア, アフリカ, お勧めツアー, ギャップアドベンチャー, 中米, 中近東 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Comments Off on 年末年始、英語で国際交流、アドベンチャーツアーで新たな挑戦の年を始めませんか?

アジアのコーヒーとチェンライのお勧めコーヒースタンド

アジアの国の多くはお茶文化のようですが、ベトナム、ラオスはフランスの影響も強く、また、カンボジアも美味しいコーヒーが飲めます。  そしてタイ北部もコーヒーが美味しいです。 基本的にはベトナムコーヒー系でコンデンスミルク(加糖練乳ーにゅうれん)を入れます。 観光客に慣れている所なら、フレッシュミルクを入れてくれる所もあるので、メニューにミルクコーヒーと書かれていてコンデンスミルクが苦手な場合は確認をした方がいいです。 フレッシュミルクがない場合はクリマー(クリームパウダー)をリクエストしてみてください。 カンボジアでコーヒーを用意している所を見ると、フレンチ式でプランジャー、もしくはエチオピアのコーヒーの入れ方のようで、ポットにコーヒー豆(パウダー)を入れ上澄みを注いでました。 濃いコーヒーです。 タイにもチェンマイや観光地にはスターバックスが進出し、得にチェンマイにはお洒落なカフェが城壁内に多くあります。 料金はカナダと同じくらいでカフェオレなら約$3。 (カナダの普通のコーヒーなら$1.7) チェンマイのスターバックス(城壁の東の門辺り) チェンライで疲れながら観光をして居た時、どうしても濃くて美味しいコーヒーが飲みたいと思っていると、こんなスタンドを見かけました。 ワットプラケオの正門を通りすぎ、川の方に向かった病院の前にいつも彼は店を出すそうです。 病院の前で、棺おけ屋の前です。 場所的には少し笑えます。 お寺、病院、棺おけ・・・ 病院の看護婦さん達にも人気のスタンドで本格的なエスプレッソマシーンを備えてます。 これを見た瞬間、 ”ここだ!” と思いました。 ミルクもフレッシュミルクをマシーンで温めます。 なかなか濃く、コーヒーの味もしっかりしたカフェオレでした。 そして料金も25バーツ! 大変満足のいくアフタヌーンコーヒーとなりました。 コーヒー以外にもグリーンティーラテみたいなものや、紅茶もあります。 ホットとアイスもあります。 右がコーヒースタンドで左が食堂 隣の食堂も看護婦さん達に人気のようで、叔母さんが手際よく料理してました。 棺おけ前のベンチに座りコーヒーを味わいながら地元の人達の交流を見ているのは観光中の休憩により安らぎを与えてくれいいものです。

Posted in アジア, レシピ・グルメ・レストラン | Tagged , , , , | Comments Off on アジアのコーヒーとチェンライのお勧めコーヒースタンド

タイ・チェンマイから山間民族を訪れて ~ 写真集 2 ~

山間民族の村の様子 子供達のダンス 山で見つけた花 マラリヤを直すお花 苦くて美味しくないです・・ 触ると閉じるお花 チェンマイモーニングアクション ココナッツ・パンケーキ (甘いです) タイのクリスマス タイの国民は皆国王が大好き。 尊敬してます。 あちこちに国王の写真が飾られてます

Posted in アジア, イントレピッド, ツアーの様子/お客様の声, ビデオ/写真 | Tagged , , | Comments Off on タイ・チェンマイから山間民族を訪れて ~ 写真集 2 ~

タイ・チェンマイからの山岳民族を訪れて ~ 写真集 1 ~

イントレピッド、チェンマイから山間民族を訪れるツアーの様子です。 オプショナルサイクリングツアーでチェンマイ郊外にあるオールドタウンには多くの遺跡となった町跡があります。 タイの人達の観光グループは見かけましたが、まだまだ外国の人には知られてないようで見かけませんでした。 チェンマイの城壁内のお寺 の一つ  ワット・チェディ・ルアン – Wat Chedi Luang ハイキング中、山の中には沢山の蘭の花があります。 ハイキング中の村を見下ろす景色 ロンガン・ライチ 畑 スターフルーツの木 (スターフルーツは輪切りにすると星の形をしてます) アリの巣 村には多くのライチの木が家先にも植えられてます ランチを作るスタッフ。 ランチはパットタイやフライドライス(炒飯)とフルーツです。 ランチ 夕飯はスプリングロール、タイカレー(ベジタリアンとお肉)、他の炒め物等、最低3品はあります。 そして、デザートのフルーツ。 朝はトーストに卵、もしくはパンケーキと西洋式 象の頭に座る象使い スターウォーズのヨダみたい この象は本当に大きかった・・・ 鼻にバナナ詰めようとしてごめんね・・・

Posted in アジア, イントレピッド, ツアーの感想, ツアーの様子/お客様の声, ビデオ/写真 | Tagged , , , , | Comments Off on タイ・チェンマイからの山岳民族を訪れて ~ 写真集 1 ~

アジアのお風呂の入り方

タイ北部の山間民族ハイキングで利用するバンブーハット(ロッジ)とお風呂の入り方です。 インドやネパール等でも見かけますが公共の場所、川や時には道に流れる水、家の前や水汲み場等でも女性は体を清めます。 その時サロンを着けてその下で洗います。 サロンで体を洗ったり、拭いたりする感じです。 観光客用にゴムが付いていて(ロングスカートのよう)落ちないような物もあります。 今回利用した1泊目の宿の外には溜め水があり、立つと頭が出る高さくらいの竹の囲いがありますが、水着を着て(水着姿がよくないようです)体を洗う事を村の人が嫌がるためサロンを借りるか買うかうよう勧められます。 男性は膝上の短パンをはいて体を洗うよう言われます。 冬で夏より暑くないので体を拭くだけにして ( 正直、夕方ですと寒いです) 利用しませんでしたが、アメリカ人の男性は試してました。 オーストラリアの女性は象を待っている時近くを流れる川でサロンで水浴びをして汗を流してました。 バンブーハット内。 蚊帳の中には煎餅布団が引いてあり、硬いベットで寝れない人には辛いようでした。 薄い毛布が置いてありますが冬なら寝袋が必要です。  誰かが動くと揺れを感じます。 一日目のお風呂場 2日目は水シャワーと上記のような桶が個室に入っている物が用意されてました

Posted in アジア, イントレピッド, ツアーの感想, ツアーの様子/お客様の声 | Tagged , , , | Comments Off on アジアのお風呂の入り方

タイ・チェンマイから山間民族を訪れて

タイ北部、チェンマイから山間民族を訪れるイントレピッドのハイキングツアーに参加してきました。 ツアーは12月8日バンコク発着の8日間、 Essential Thailand (このツアーはなくなったようで、似たような経験ができるのは今ですとExplore Northern ThailandやThailand – Hike, Bike & Kayak、もしくはBeautiful Northern Thailand )です。 一番ベーシックなツアーでしたが、タイの国と言う事もあってかバンコクやチェンマイのホテルは普段バックパック旅行で共同水シャワーの共同部屋に泊まるようなさらにベーシックな所に泊まっているの私にとっては豪華に思えました。 一般的に言っても結構いいスタンダードホテルだと思います。 山の中のトレッキング中は地元の家と同じよな所に泊まり、竹のバンガローで桶水や水シャワーでベーシックでしたがより地元の人達の生活を体験できたかと思います。 バンコクのホテル New World Lodge チェンマイのホテル Tha Pae Place (どちらも便利な場所にあります。 バンコクのホテルは部屋でも無料でWIFIが利用できます。 チェンマイのホテルは1時間50バーツ、24時間100バーツ利用できるカードを購入します。 女性は奇数なので交代で部屋をシェアーしました。) タイの洪水もあり、参加者が少なく、グループは5人でした。 バンコクからはオーストラリア出身の女性と、小さい子供をご主人に預け、仕事と子育てから休憩に来ているフィンランド人女性と私でした。 チェンマイに着き、中国からツアーに参加しているイギリス人の男性とハノイから参加していたアメリカ人の男性が合流。 30代から50代くらいの文化に興味があり、チェレンジ精神旺盛の楽しいグループでした。 内3人はイントレピッドのリピーターで、もう一人は参加した事のある友達の話から参加を決めた人でこの旅行スタイルに惚れ込み慣れている人達のようです。 最年長のアメリカ人の男性が一番子供ぽかったような気がします。  私はバンコクまで戻らず、チェンマイでトレッキング後グループを離れ一人で旅を続けたので最後のチェンマイの朝、彼がヨガに行きたいからと日の出とともに付き合わされました。 地元の人が公園でヨガをしていると聞き参加するため、チェンマイの町をランニング。 結局場所が見つからず走り廻っただけでしたが、朝早くから朝市は賑わい、タイチをする人、托鉢をするお坊さん、仕事に行く人の朝食とランチを売っている昼間に見られない屋台等朝のアクションが見れて彼には感謝です。 ツアー1日目は到着日で夕方6時にホテルでミーティング以外はスケジュールはありません。 私は結局その日カンボジアから戻るバスでバンコク入りする事にしたので、数日前に連絡をしてミーティングに参加出来ない旨を伝えてましたが、何とか6時少し過ぎに着いて間に合いました。 ミーティングでは次の日の説明があり、ツアーの日程の詳細とタイについての冊子、イントレピッドのロゴ入りタイ特有のお坊さんバックをもらいました。 ミーティング後はチェンマイ出身のツアーリーダーが近くのバックパッカーのメッカ、カオサンロードを案内、食事に行きました。 私はバンコクに戻ったばかりで、 長い窮屈なバス乗りで凝った体をほぐしにマッサージや別にしたい事があったので参加しませんでした。 翌日は午後4時にホテルに集合でチェンマイ行きの列車に乗るために駅に向かいました。 午前中はツアーリーダーが王宮辺りを案内。 その後は自由行動という事で他の2人は出かけました。 またもや、別に用事が合ったのもあり、私は別行動しました。 このように、アドベンチャーツアーのベーシックやオリジナルは自由時間が多く、移動中でなければスケジュール通りグループ行動をしてもよし、個人行動をしてもよしと自由です。 チェンマイ行き夕方6時発の列車に乗りバンコクをツアー2日目出発。 冷房付き2等車利用。 インド、ベトナム、中国、エジプトと比べ一番綺麗で快適でした。 列車のタイプにもよるようでした、この列車は2段ベットの下のベットが広めでした。 昼間は椅子で食事の時にはテーブルを付けてくれます。 そして夜はベッドになります。 ベッドは自分で作らず、車両担当のスタッフが作ってくれます。  シーツも毛布も綺麗で、毛布はビニール袋に入っていて洗濯した後の証明のようです。 昼間の列車の様子 2段ベッドになります 朝7時に到着予定ですが、通常遅れます。 運よく40分くらいの遅れで、さらにホテルも部屋が空いていて、すぐにチェックイン。 お湯のシャワーですっきり。 朝食後はオプショナルツアーで郊外の村、お寺、遺跡(オールドタウン、チェンマイはニュータウンと言う意味だそうです。)を見に行くサイクリングツアーに参加しました。  他のホテルから合流したのはイントレピッドの別のオリジナルスタイルツアーの人達でした。 ランチ込みのこのツアーの後、3時くらいにホテルに戻り、今度はツアーリーダーに案内してもらい、チェンマイの城壁内のお寺を数件訪れました。 夕方、他の男性二人と合流、トレッキングについてのミーティングが行なわれました。 この時に寝袋等、トレッキングのお店の人が来てレンタルの手続きをします。 その後ナイトマーケットに女性陣と夕食に行っている間にレンタルした物をホテルまで運んでくれました。 男性陣はハノイからのグループと最後の夕飯に出かけ、トレッキングに向かう次の朝から実際には行動を共にしました。 皆すぐにうちとけ、数日前、もしくはその日に出会ったとは思えないようなまとまりだったのもあり、ツアーリーダーもこんなグループなら長く一緒にいたい~と大変短いツアーに残念がってました。 人数も少なかったからか、ソウテウを使い山まで行きました。 町から30分くらいの所にあるローカルマーケットでスナックや日焼け止め等ハイキングに必要な物を買出し。 山での2日目の夜に村の子供達が伝統ダンスを見せてくれるとの事なので、子供達へのプレゼントにミルクも買いました。 そしてその後1時間くらい車を走らせ、洞窟を訪れ、そして、ランチをしてハイキング出発地点まで。 ハイキング中の食事はツアー料金に含まれてます。 そしてツアーリーダー以外にローカルスタッフが2名つきました。 彼らが食事を準備したり、別の言葉を話す山岳民族の通訳となってくれます。 ソウテウで山まで トレイルは普段運動していれば(歩いてるくらいでも大丈夫です)まったく問題のない簡単な山道です。 今は地元の人も畑に行く時に利用するくらいで、私達の乗ってきた車は村まで先回りして食材等を運んでました。 私達は大きな荷物はチェンマイのホテルに預け2泊3日分の荷物だけ自分達で担ぎました。 デーパックの大きさで十分です。 所々短い区間急な坂があり滑りやすいので靴底が滑らないグリップのある靴がお勧めです。 参加者は普段ハイキングしてないような人ばかりで普通の運動靴でした。 私も荷物になるのでハイキングシューズは持って行きませんでした。 一人はデッキシューズみたいな靴だったので、マーケットでランニングシューズを買ってましたが、ランニングシューズはクッションはいいですが底が平らなので滑りやすいと思います。 でもデッキシューズよりは良かったようで問題なく彼女は歩いてましたが。 観光客は私達だけで、また村人も畑で働く人達や外で遊ぶ子供達を遠くに見るくらいで静かでした。 ゆっくりペースで景色を楽しみ、自然に育つ果物や花の説明を聞いたり、試食したりしました。 とてもジューシーなスターフルーツを食べたのは初めてでした。 もちろん、スターフルーツの木を見るのもです。 バナナや落花生の味見、触ると閉じる花。 休憩の時にはタイの子供達が遊ぶ、棒を使ってのクイズに挑戦したりと、時を忘れるハイキングです。 一日目はそんなゆっくりペースで2時間程。 4時半ごろには村に着き、出来立ての揚げワンタンのスナックを出してもらって、休憩してから村の中を案内してもらいました。 カラフルな民族衣装を着る人は殆どおらず、雑誌やテレビで見る民族を想像していたので初めは残念にも思いましたが、逆に、観光客のために民族衣装をきて出迎えるより自然で実際の生活ぶりなんだと思うと民族衣装を着てもてなす所がアミューズメントパークのような気がしました。 丁度夕飯の支度の時で、多くの人が外で食事を作ってました。 また、村では豚は犬より価値があり、豚の餌ようにココナッツの木を調理してました。 豚は家と餌を与えられ犬は外で寝ます。 村に住み着く犬達は誰かの飼い犬ではないですが、村人達は追い払ったりする事なく得に餌を与えるわけでもないですが仲良く共存しているようで人に寄って来ます。 焚き火をしていると火のそばに温まりにきます。 昼間は暑いですが朝晩は冷えジャケットが必要です。 多くの人達は木で家を建て便利さを求める中、村の長老は昔ながらの竹の家が心地いいと私達と同じ竹でできたバンガローに住んでいました。 竹の家の中には灰で覆って火も炊いてました。 村を廻っている間、スタッフはタイカレー等夕飯を作って待っていてくれました。 月の光とキャンドルライトで食事をして後はキャンプファイヤーです。 翌朝、バンガローに村の人が来て伝統織物のバックやジュエリーのお土産を売りに来ました。 前日にツアーリーダーが説明をしていて、全てが手作りではなく彼らも工場で作ったものを買っていて、見れば分かるとの事。 別の村でも売りに来るし買う必要はないのですが、皆村にお邪魔させてもらったお礼にと何か購入しました。 朝食はトーストと卵、フルーツです。 のんびり朝を過ごしゆっくりのスタート。 また山の中を歩き、そして小さな山小屋に。 そこでパッタイヌードルのランチをして象がくるまでのんびりしてました。 ネパールのチトワンで象に乗ってのサファリがあり、籠に4人押し詰められ後ろ向きに座って気分が悪くなった思い出があるので、期待していなかったのですが、2人乗りで、また象に触ったりバナナをあげたり出来てこのツアーのハイライトになりました。 最初に来た象はお婆さん象。 小さめで大人しく人懐っこい象でした。 シワシワで硬そうな肌ですがほんわりと温かく気持ちよかったです。 私が乗った象は一番大きく眺めがよくパワフルでした。 山の中のお散歩終了後、バナナをあげましたが、鼻の穴のある少し付け根辺りで物を掴むようですが、鼻の穴の所も掴める感じでしたのでひたすら鼻の穴にバナナを載せようとしてました。 後で考えれば鼻の穴に何かを詰める事になるので象も嫌ですよね。 道理で避けるわけです。 … Continue reading

Posted in アジア, イントレピッド, ツアーの感想, ツアーの様子/お客様の声 | Tagged , , , , | Comments Off on タイ・チェンマイから山間民族を訪れて