Category Archives: スキンケアー・健康

保湿しながら鼻の黒ずみも奇麗に洗うアフリカンブラックソープ 

西アフリカで利用されるブラックソープはディープクレンジグをしながらも保湿力があり、見た目は良くないですが効果抜群でお勧めです。また、多くのソープは西アフリカの経済を助けるフェアートレード。 小さな事ですが、人助けに役立っているかと思うと、お肌も心も気持ちよくなります! アフリカン・ブラックソープはビタミンEが豊富でニキビや湿疹、自然汚染による細胞ダメージに良いと言われるパームオイル、保湿が高く火傷、傷、フケやストレッチマーク、シワに良いと言われるシアーバター、バクテリアや菌を破壊するのに役立つヤシの実の皮のオイル、保湿力の高いココアバター、そして、プランテーンの皮を日干しした後、釜で焼いた灰が含まれる石鹸です。 洗いあがりは突っ張らず、しっとり。お肌がすべすべになり、鼻の頭の毛穴の黒ずみもなくなります。 初めのうちは少しヒリヒリと感じる方もみえるかもしれません。 まずは、1日おきで、回数を少なめに利用して試してみてください。 水に弱く溶けやすいので、水道の流水の下で石鹸を濡らさない事。 綿や絹等ナチュラル素材のハンドタオル(ハンカチタオル)を濡らし、その中で数回石鹸を転がします。そして、タオルに水をもう少し足し泡立て、タオルで殆どタオルを感じない程度に優しく顔を撫でて洗ってみてください。 敏感肌の方は、手のひらのみ利用。 少し手のひらを水で濡らし、石鹸を手のひらの上で転がします。 そして、手のひらで水を汲むようにして水を少し足してこすり合せ泡立てます。 優しい弾力のある泡になったら泡で顔を洗いましょう。 加工されたようなスムーズな表面の石鹸もありますが、見た目の悪いような、お菓子のような Raw Soap 生の石鹸 が一番。 西アフリカにはなかなか行けませんが、オンラインや西洋のフェアートレード店で扱ってる場合があります。 カナダのバンクーバーではスカイトレインのスタディアム・チャイナタウン駅近くのInternational Village Mall 内のお店で購入できます。 スターバックスのある入り口からモールに入ってすぐの左手に見える通路に入ります。 左手にセブリンイレブンが見えたら、その右手にこのお店、Touch of Africa  があります。 フレンドリーなオーナーと西アフリカの事を聞きながら、ショッピング楽しんでみてください。 値段も手ごろ Raw Soap は $4.99。 それ以外にもシェアバターのクリームやアフリカの置物、服も一杯。 カナダ産地ではないですが、オーガニック、フェアートレード、自然好きな人が多いバンクーバーらしさの現れかと思います。 質も抜群、お土産にお勧めです!      

Posted in アフリカ, お土産・ショッピング, カナダ, スキンケアー・健康, バンクーバー | Tagged , , , , , , | Comments Off on 保湿しながら鼻の黒ずみも奇麗に洗うアフリカンブラックソープ 

タイ・カンボジア旅行で持っていくといい物

カンボジアやタイに行く時に持っていくといい物。 その一つは日焼け止めクリーム。  言われなくてももって行く人は多いかと思いますが、荷物が重くなるので現地で買えばいいと思われる人もみえるのでは? 私もそんな一人で小さいのを持って行き大分なくなってきたので購入しようかと思い探しているのですがなかなか見つかりません。 カンボジアで、外国の商品を扱うお店で見かけましたが外国と同じかそれ以上の料金。 輸入品なので分からない事もないですが。 そこで、いつも地元の商品を探すのですが、どうやら地元の人は使わないようです。 女性達を見ていると、暑いのに長袖に長ズボン、手袋をしている人もいます。 タイは少しは多く扱う店を見かけますが、やはり輸入物が多く、200-400バーツはします。 チェンマイでイギリスのお店ブーツがありそこで150バーツを見つけました。 バンコクの作りかけのようなショッピングモールでどこのか分からないので100バーツ。 サイズにもよりますが。 タイやカンボジアの方が安いだろからと、思って現地購入を考えるのでしたら、持って行く方がいいと思います。 荷物を軽くするためで、質と料金を気にされないのであれば現地調達で。 12月、日陰や朝晩は涼しく過ごしやすいですが、昼間は暑いです。 タイの人にとってチェンマイは寒いそうですが、昼間は暑く、朝晩は過ごしやすいくらいに感じます。 これからイントレピッドのツアーで山岳民族を訪れる3日間のトレッキングに行きます。 トレッキングと言っても2~4時間くらいですが。 朝晩は寒いそうで、寝袋が必需品とか。 どれくらいの気温になるか楽しみです。

Posted in アジア, スキンケアー・健康, 旅の持ち物便利品, 豆知識 | Tagged , , , | Comments Off on タイ・カンボジア旅行で持っていくといい物

無料でWIFI 利用もできるバンコク・カオサンロードのスパでタイマッサージ

久しぶりにタイに来ました。 フライトの疲れを癒そうとマッサージ屋を探していると、カオサンロードとランブリ通りの間のお土産屋が並ぶところに綺麗なスパがありました。 どこも1時間200バーツの所をセールで180バーツ、されに無料でWIFIも出来るというから入ってみました。 近所に以前来た所がまだ健在でしたが、そちらより断然に綺麗で雰囲気もいい。 今まで利用してきたバジェットタイプで一番いい場所のような。 外が暑い中冷房もついていて涼しくマッサージ。 それ以外にもフェイシャルやペディキュア等もあります。 冷房があり綺麗なんて当たり前と思うかもしれませんが、カオサンで安いスパではそうでもないのです。 結構お勧めです! Mali Spaの外 一階のペディキュアやフットマッサージ 奥の足を洗う所 2・3階に全身マッサージやスクラブ用のバスタブ等もあります。

Posted in アジア, スキンケアー・健康 | Tagged , , , | Comments Off on 無料でWIFI 利用もできるバンコク・カオサンロードのスパでタイマッサージ

ヘルシーな食べる日焼け止めで今年の夏は焼かない!

トマトはビタミンC やA が多く、老化防止、美白に良いだけではない! もちろん、出来てしまったシミ、シワにも良いですが、実は日焼け止め効果があるとか。 マンチェスター大学の研究によると、ピザソースのような、トマトペーストを12週間食べた人は食べてない人より、33%多く、日焼け止め予防が出来ていたそうです。 トマトの赤い色はリコペンと言われる栄養素で、この成分が自然にUVから皮膚を守る日焼け止め効果を体内で作るそう。 トマトペーストのように、調理したトマトの方が生のトマトよりこのリコペンが豊富らしいので、トマトソースパスタや冷たい夏のトマトスープ、ピザを食べましょう。(20 tasty tomato recipes) 日焼け止めクリームは長時間でその効果は薄れ、また汗などで流れたりするので、体自身が日焼け止め体質になっているなんて嬉しいですよね。 もちろん、日焼け止めクリームはよりよいプロテクションになるので必需品。 日焼け止め指数ですが、100以上のクリームもありますが指数は30で十分だそうでう。 指数50がUVBを98%プロテクトし、指数100は99%。 それ程変わらないので、指数30のクリームを何回か塗る直した方が効果があります。 顔に塗る日焼け止めクリームはゴルフボール2個分の大きさ(面積)くらいたっぷり塗り浸透させ、 ボディー用はビーチ旅行等行った場合は常に塗りなおして2日でボトルを使い切るほど塗らないといけないそうです。 正直、私は気持ちほどにしか塗らず、というのは、けちってるわけではなく、ベタベタした感触が嫌いなのと、塗りなおしが面倒で、ワンシーズンは軽く長持ちします・・・ 一様、顔は出かける時、必ず冬でも日焼け止めの入った保湿クリームを使います。 ニキビ肌なので、使い心地が軽いもので。 いつも見ている女性情報番組のシティーラインでクラリンスのオイルフリー、ローションの日焼け止めを紹介してました。 今度、お店を覗いてみようと思います。 今の所、色々試した結果、お気に入りはニュートロジーナ。 運動をしない普段のお出かけや外に長く出ない時には顔には使いませんが、腕など体に利用してます。 ベッタリ、テカテカせず、コパトーンのような日焼け止めのくさい匂いもしません。 普段は体に塗りますが、少し外に長く出る時は頬には塗ったりする、ニュートロジーナ日焼止めウルトラシェアー。 運動をする時は、ニュートロジーナスポーツフェイスローション日焼け止め。スポーツ用で、厚く、キツイ感じがしますが、顔に塗っても平気。 す~と馴染んでベタベタしません。 ゴルフボール程は塗ったことないですが。 少し勇気が・・・ このローション、ウォータープルーフなのに、オイルフリーで肌の呼吸を妨げない作り。 さらに保湿効果も。 これはかなりお気に入りです。 そしてハイキングやサイクリングで汗をかいて長く外出する時のタッチアップでニュートロジーナウルトラシアー ミスト スプレーを体に使います。 これは少しベタつきますが、スプレーで簡単。 サッと一振り。 今回ネパールに行った時はカナダから日焼け止めを持っていかず、日本で小さいコパトーンの日焼け止めを買ってトレッキングに行ってしまったので、ベタつき、テカリが気に入らず、あまり使わなかったので黒くなってしまいました。 白くなくてもいいのですが、シミと、肌が厚ぼったくなるのは避けたいですよね。 日焼け止め苦手な私にとって、このトマトはいい情報です。 夏だけでなく、旅行中にも役立ちますよね。 旅行でメニューを選ぶ時はトマト風味で。 イタリアなんて、美味しいビザにトマトソース系の食事が多そう。 夏のヨーロッパなら、イタリアかしら。 暑いでしょうが・・・

Posted in スキンケアー・健康 | Tagged | Comments Off on ヘルシーな食べる日焼け止めで今年の夏は焼かない!

日本とカナダのレーザー脱毛の違い

日本の永久脱毛は丁寧で慎重、でも時間とお金がかかる! 日本滞在中、エステティックTBC の体験エステに行って来ました。 時間がなく、色々試せないので、こちらは有料ですが、無料で一部的に試すより、成果が見られ、また逆に通常と同じトリートメントを受けて、膝下12000円の所を2000円で受けらるなら、お値打ちかとこちらを試しました。 スタッフの人もとても丁寧に説明してくれ、また、エステティックスTBCは常に技術のキープアップでトレーニングもしてみえるそうで、安心。 また、技術開発など、研究にも力を入れているとか。 光脱毛で広範囲にレーザーを当てるトリートメントはカナダのように痛くなく、毛根に針をさし、一本、一本永久処理していくものは痛かったです。 針を刺すと聞くと怖いですが、痛いのは針ではなく、毛根を焼くレーザー処理が痛いわけで、カナダの広範囲にレーザーを当てるのと同じ。 カナダの広範囲(約 1 cm ~1.5cm 四方)に当てるのは、レーザー光線が強く、一揆にその範囲に生えてる毛根を焼いていきます。 一本、一本処理すれば、肌を痛める確立は減るかと思いますが、日本の場合は時間がかかります。 説明も入れて、90分程かかりました。 カナダの場合一回のトリートメントは10~30分です。  説明によると、プランにもよりますが、通常1~2年くらいはかかるよう。  荷物が入らず、(日本の後、ネパールにバックパックで旅してますので、カバンが小さいく・・・ ) 資料を実家においてきてしまったので詳しいご紹介が出来ませんが、最終的には確か、20~30万円程はかかります。 肌が敏感な人や心配な人は無料の一部的なもので試せれるエステに行く事もいいかもしれませんが、 一回分安くなりかと思うとこのエステティックTBCも見逃せないかも。 カナダ、バンクーバーに見える機会があり、半年から1年程、留学やワーキングホリデーでみえうようでしたら、Evropa でお安く、一揆に処理してみてはどうでしょうか?  以前の記事にこちらの感想書いてますのでご参照してみてください。

Posted in スキンケアー・健康 | Tagged , | Comments Off on 日本とカナダのレーザー脱毛の違い

高額な健康食品、本当に食べる価値あり?

健康ブームはどの国も同じ。 体にいい食べ物を英語では、Super Food (スーパーフード)と呼びます。 特に最近カナダで流行っているのは、Goji Berry (クコの実)や Acai (アサイ-)、そしてPomegranate (ザクロ)。 お肌や細胞の老化防止 (antioxidants) に良いと言われるが料金はとても高く、1キロ36.99ドル。それにくらべ、同じように栄養素の高いブロッコリーは1キロ$4以下。 体に良いと言われても、ビタミンCのように、食べ過ぎても体内から出てしまったり、逆に問題を起こす場合もある。 また多くがジュースとして加工されているので、糖分がとても多くなる。 スーパーフードが体にいいのは間違いないが、普段から食べているものでも十分栄養は採れる。 例えば、ブルベリーや豆、アボカド、ニンニクに生姜、同じ栄養素で金額はずいぶん抑えられる。 詳しくはビデオを見てみよう! それ以外に老化防止にいい食べ物ベスト5 ベリー (ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー) ブロッコリー (カルシウムも豊富) ニンニク 緑茶 トマト

Posted in スキンケアー・健康, ビデオ/写真 | Tagged | Leave a comment

日本カルチャーショック! その2 - 日本食、本当に健康食品??

今、西洋で日本食と言えば、健康食品として人気。  お寿司や海苔、味噌汁は体に良く、ダイエット食。 またグリーンティー(緑茶や抹茶)も人気で (日本食、日本)=健康 ともなっているよう。 ただ、日本に来て、 どこが健康食?? と、いうくらい、白い食べ物や、油、砂糖が原材料リストのトップにくるような食品がとても多いのにびっくり。 また原材料にはカタカナ文字や記号、つまり添加物だらけ。 白い食べ物というのは、パンやご飯。 北米では白のパンは糖分が多く、繊維の多い Whole Wheat ホール・ウィート (粗麦、漂白する、加工前の)パンやパスタが人気。 また、お寿司も Brown rice (玄米) の注文もでき、コーヒーに入れるミルク(クリーム)も Low Fat  ローファット (低脂肪)を選べます。 特に西海岸や都会は健康、体系に気をつける人が多いのでOrganic オーガニック(無添加)商品も人気で WholeFoods フォールフードを初め、オーガニックのお店が増えてます。。 北米ではカフェでサンドイッチを注文する時もパンやチーズの種類が選べ、自由さがあります。 それに比べ日本はメニューを変える事はできません。 ベジタリアン (菜食主義) (魚介類はたまには食べますが)の私にとっては、食事の注文が西洋や多くの国より大変。 メニューにお肉の事は記載されてなくても入っている場合が多いので、必ず細かく確認しなければならず、申し訳ないとは思いますが、迷惑かけてます。 海外のツアーでは、ベジタリアンかどうか、伺いますし、ナッツアレルギーを初め、アレルギーの有無を確認し、ツアーで必ずベジタリアン等特別メニューを問題なく用意しますが、日本ではこのような習慣がないのか、用意してもらえません。 一様、その旨はホテルには伝えますが、一人のためにメニューを変えれないので保障できかねると。 (両親が1泊2日の立山バスツアーを申し込んだので明日から参加します) 海外からのツアーでホテルも慣れているかと思うのですが・・・  カナダではホテルでのセミナーで食事付の場合でも、大量に作っていてもベジタリアンは別に用意され、突然の注文にも対応してくれるのですが・・・ もちろんすべてのホテルやレストランが対応できないとは思いませんが、これまた先進国のわりに遅れている気がしました。 日本では衣料から食べ物、すべてにおいて種類が多く、常に新しいものや変わった物があり見ていて面白いですが、食べ物は不健康で、太りそうな物が多く購入する気にならないので、逆に無駄使いしなくてもいいので、良かったのかとも思います。 このままでいくと日本の寿命も短くなりそうです。 健康的な日本食のよさを復活してほしいと思うのは私だけでしょうか?

Posted in スキンケアー・健康, レシピ・グルメ・レストラン, 思考 | Tagged , , , | Comments Off on 日本カルチャーショック! その2 - 日本食、本当に健康食品??